ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーもハンドファーストでインパクトする?

ロフトのないドライバーだとどうしてもボールを高く上げようとしてすくい打ちになってしまったり、アッパーブローの意識が強すぎて、ボールが右へ行ってしまったりすることがあります。

アイアンまでなら、ドローボールが打てるけど、ドライバーだとどうしても振り遅れやスライス系のボールが多くなり、フェースを閉じようと強く意識するとひどいフックが出る・・・という方も。

プロとアマチュアのドライバーのショット、そのインパクトの瞬間を比較するような特集が今まで色々なゴルフ雑誌で組まれてきたと思います。

そういったデータ、写真を比較すると、1つの答えが見つかります。

ヘッドファーストとハンドファースト

(今回はすべてドライバーのお話ですが)その答え・・・は、アマチュアの方の多くは、ヘッドファーストでインパクトしている・・・ようです。

飛ばそうとして、あるいは振り遅れないようにして、ヘッドを先行させる形にしたくなる・・・のかも知れません。

しかし、ヘッドを先行させるように、つまり、ヘッドファーストで振ろうとするとどうしてもフェースが開きやすくなります。

その打ち方をしながら、引っ掛けを防ごうとして、無理に真っ直ぐに打とうとするとフェースが開きやすくなるのです。

だから、右にボールが出てしまったり、それを防ごうとするとひどいフックになる・・・のだと思うんです。

今度はプロのドライバーでのインパクトですが・・・、例えば、ジャンボ尾崎選手はハンドファーストのインパクトがいいと石川遼選手に伝えたことがあります。

その石川遼選手のインパクト、少し前のスイングを高速カメラで撮影した画像では、インパクトでシャフトが垂直より若干ターゲット方向に傾いています。

それはほんのわずかで、インパクトでグリップがほんのわずかだけヘッドよりも先行する形です。

他のプロはどうでしょう?

丸山茂樹プロもインパクトの瞬間をとらえた画像では、やはり手が若干ですが、先行しています。

宮里藍選手、彼女も若干ですが、ヘッドが先行しています。

他世界のトッププロのインパクトの瞬間写真というのも色々なところで特集されていますが、そういった写真を見てもやはりインパクトでボールがフェースに触れる瞬間はシャフトが若干ですが、ターゲット方向に傾いている・・・

つまり、グリップがほんのわずかですが、先行している・・・のです。

シャフトをターゲット方向に傾ける

ここからはわかりやすいようにアイアンのお話をしたいと思います。

アイアンでもどうしてもドローボールが打てない・・・という方もいますが、そういう方は振り遅れないように、またはフェースが開かないようにヘッド先行で振ろうとしてはいないでしょうか?

しかし、例えば、フックボールを打つ場合は、ボールの位置をいつもよりもボール1個とか2個分右に置く方が打ちやすくなります。

ただ、インパクトでの両手の位置というものは通常のショットとそれほど変わりません。

ということはインパクトではアドレスでボールを右に置いた分だけヘッドが後ろ、グリップは変わらず前にありますから、シャフトはそれだけターゲット方向に傾く・・・ということになります。

そして、このようにシャフトをターゲット方向に傾けてインパクトする打ち方の方がフェースは実は閉じやすい・・・のです。

インパクトでフェースを返す、もしくは手首を返す・・・などとよく言われますが、それを意識すると、どうしてもヘッド先行で振りたくなります。でもその打ち方はフェースが一番閉じにくい打ち方だと思うんですね。

フェースをインパクトで閉じてゆくには、むしろ、ハンドファーストでシャフトがターゲット方向に傾いているような形の方が簡単です。

ドライバーでもよくフェースにボールが乗って強いボールになった・・・などと解説者が言うこともありますが、あのフェースにボールが乗る打ち方をするには、ほんのわずかですが、ハンドファーストを意識してみた方が簡単なのかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。