ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーのヘッドを浮かせて構える 前編

さて、ドライバーのティーアップの高さと4つの構え方ではドライバーのヘッドを浮かせて、ボールに合わせて構えるという方法も紹介させていただきました。

ツアープロでもこの方法で構えている人もいます。

ヘッドを浮かせて構えた方がうまくいきやすい方は:

1.プッシュアウトやプッシュアウトスライスがたまに出る
2.スライスを直したい
3.体を水平に回したいと思っている(体の上下動を抑えたい)
4.ティーアップを高くしたい
5.フェースの芯に当たらない

・・・というタイプの方だと思います。少し詳しく説明したいと思います。

 

1.プッシュアウトやプッシュアウトスライスがたまに出る

プッシュアウトだったり、プッシュアウトスライスなどが出るという方は、ティーアップは高めでクラブをソールして(地面につけて)構えている場合もあるようです。

この時、ティーアップが高すぎると、クラブを構えた時点、つまりソールした時点よりも上でボールを捉えないと芯に当たりません

その場合、無理が生じるわけです・・。地面につけたクラブを地面から浮かすと、クラブヘッドは体からさらに離れます。これ実験してみるとわかると思います。

それなのに芯で打たなければならないわけですから、その過程でフェースが開いたり、ドライバーのフェースのヒール寄りに当たったりするわけで・・。

もしこういった問題があれば、ヘッドを浮かせて、はじめからフェースの芯にボールを合わせて打つと芯でボールを捉えやすくなります。

 

2.スライスを直したい
3.体を水平に回したいと思っている(体の上下動を抑えたい)

アッパーブローにボールを打とうとする意識が強いと体が上下に動いてしまうことがあります。これがインパクトでフェースを開かせてしまっていることがあります。

それよりも体を水平に回すようにすると、ドローボールが打ちやすくなります。

 

4.ティーアップを高くしたい
5.フェースの芯に当たらない

これについては次に詳しくご紹介させていただきたいと思います。

ティーアップを高くしてドライバーを打つ場合は

ティーアップは高い方が飛距離が出るということをドライバーのティーアップの高さと飛距離の関係でご紹介しました。

その中で出てきた実験で一番飛んだのは、ボール全体がドライバーヘッドから出る高さでした。

先程も少しご紹介させていただきましたが、ここまでの高さになるとヘッドは浮かせて構えなければ、ボールを芯で捉えるのは難しくなります。

また、ここまで高くなくても、高めのティーアップの場合はインパクトでヘッドが地面からそれなりに浮きます。

その際、ヘッドはアドレスの位置(ソールした位置)よりもボールの方向に向かって出ます。

つまり、そのままだとドライバーのフェースのヒール寄りに当たりやすくなります。

これはアドレスの際に地面にソールしたクラブを少し浮かせてあげるとわかります。クラブヘッドはソールした時点よりも浮かせた時の方が前に(ボールの方に)出ます。

それでも芯で打つためには、(ソールして構える際に)ボールの真後ろにヘッドを構えるのではなく、クラブのトゥ寄りに合わせて構えてあげると、実際のインパクトの際はヘッドが浮いて前に出ますから結果的に芯に当たるようになることがあります。

これも好みの問題もありますし、その人のスイングによっても変わってくると思います。

トッププロの中でも、ヘッドのトゥ側に合わせてドライバーを構える人もいれば、ヒールに合わせて構える人もいます。

1つ言えることは、構え方、ティーアップにしてもそうですが、やり方は1つではないということ・・だと思います。

ドライバーのヘッドを浮かせて構えるプロもいますが、その中の一人が世界No.1プレーヤー、ゴルフの帝王と呼ばれたジャック・ニクラウスでした。

何故、ニクラウスがヘッドを浮かせて構えていたかについては、ドライバーのヘッドを浮かせて構える 後編でご紹介させていただきたいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。