ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーの打ち方。アッパーブローで打つべきか?払い打つべきか?

ドライバーはアッパーブローで打つべきだと言われることがあります。

アッパーブローで打つとは、ヘッドが最下点を過ぎてやや上昇している時にボールを捉えるという意味です。

特別な場合を除き、ゴルフで唯一この打ち方ができるのがドライバーです。

他のクラブでは基本的には、下から上に向かって打つようなことはしません。

ところで、ドライバーに関しては、様々な実験が行われています。

その中で飛距離が最大になるための条件といったものもわかってきています。

簡単にご紹介すると・・・

1.ヘッドスピードを速く
2.打ち出し角を高く
3.スピン量を抑える

この3つが大切だといわれています。

ただ、この3つはバランスが大切です。

スピン量を抑えてもヘッドスピードがなければ、ボールは飛びません。

打ち出し角が高くてもスピン量が多ければボールは吹け上がってしまい飛距離も出ません。

ですから、その人なりのバランスというものが大切になってくると思います。

さて、少し話がそれましたが、ドライバーは横から払い打つ方が良いのか?それともアッパーブローに打った方がよいのか?

・・・ということですが、それは恐らく、その人によって、または場面によって変わってくるかと思います。

1)払い打った方がいいパターン

まず、ドライバーは横から払い打つ方が合っている人、払い打った方がいいケースですが・・・

a)初心者の方
b)スライサーの方
c)飛距離だけでなく、安定性も欲しい時
d)打ち上げのホール

の場合は、横からボールを払い打つ打ち方の方が合っている、よい結果につながることが多いかも知れません。

少し詳しく見てみたいと思います。

a)初心者の方

初心者の方の場合は、ドライバーは最初にアッパーブローで打とうとすると、すくい打ってしまう癖、または、あおり打ちの癖がついてしまうことがあります。

ドライバーは打てても、アイアンが打てない、アイアンが飛ばない・・・ということもありますが、その原因があおり打ち、すくい打ちであるケースも多いです。

その場合は、まず、ボールを真横から払い打つような打ち方を身に付けることで、ドライバーもアイアンも安定して飛距離が出るようになることもあります。

b)スライサーの方

ミスする時はスライスが多い・・・というスライサーの方の場合もアッパーブローでは打たない方が良い結果につながることが多いです。

スライサーの方にアッパーブローで打ってくださいとお伝えすると、プッシュアウトスライスが出てしまうことがあります。

スライサーの方の場合、(一般的に)ダウンスイングでフェースが開いて降りてきます。

この状態でアッパーブローで打とうとすると、余計フェースが開いてしまうことがあります。

最終的にはフェースが開いてしまうことを修正する必要があるとは思いますが、アッパーブローで打つよりも、横から払い打った方がこのケースではフェースは開き難いです。

ですので、スライスが多いという方は横から払い打つ方法の方が合っているのかなと思います。

c)飛距離だけでなく、安定性も欲しい時

これは後程詳しく書きますが、アッパーブローで打とうとすると、飛距離は出るのですが、ミスも若干多くなる可能性もあります。

横から払い打つ方が、アッパーブローで打とうとするよりもスイングがシンプルで、ミスも少なくなると思いますので、飛距離だけではなく、安定性も欲しい・・・

という時は横から払い打つ方法がおすすめです。

d)打ち上げのホール

打ち上げのホールの場合も、アッパーブローではなく、払い打った方がよいことが多いです。

打ち上げですから、アッパーブローの方が良さそうですが、ただ、打ち上げのホールはボールを上げたいという心理が働いてしまうことがあります。

そんな時、アッパーブローで打とうとすると、過度なアッパーブローになるケースも多く、むしろ、ドライバーのロフトを信じて横から払い打った方がよい結果になることが多いのかなと思います。

2)アッパーブローで打った方がいいパターン

さて、次はアッパーブローで打った方がいいパターンです。

a)中級者以上の方
b)飛距離が欲しい時
c)打ち下しのホール

・・・の場合はアッパーブローで打った方がよいケースもあるかと思います。

a)中級者以上の方

中級者の方、上級者の方であれば、一度はアッパーブローで打つ方法も試してみる価値はあるのかなと、思います。

その理由は、次にご紹介する「飛距離」です。

b)飛距離が欲しい時

プロの中には、ここ一番で飛距離が欲しい・・・という時にティーをいつもよりも高くして、ややアッパーブローに打つ・・・という人もいます。

先程のドライバーの飛距離を最大にするための要素ですが・・・

1.ヘッドスピードを速く
2.打ち出し角を高く
3.スピン量を抑える

ティーを高くすることで、2の打ち出し角を高くできます。

また、アッパーブローで打つことで、打ち出し角を高くする効果の他に、スピン量を抑える効果もある程度期待できます。

ついでにヘッドスピードを速く・・・という点についてですが、グリップを長く持つ・・・というプロもいます。

例えば、普段、左手でグリップを握る際は例えば2センチ(指の横幅)位はグリップエンドから余らせて握るけれど・・・ここぞという時は、グリップエンドギリギリまで握ることで、ヘッドスピードを上げる・・・という方法です。

ただ、このやり方だとヘッドスピードは上がっても方向性が悪くなることがありますので、その点は注意が必要かも知れません。

いずれにしても、アッパーブローで打つことで打ち出し角をより高くしながら、スピン量も少し抑えることができるので、飛距離アップが期待できます。

ただ、冒頭でもご紹介しましたが、過剰なアッパーブローだと、打ち出し角とスピン量、ヘッドスピードのバランスが崩れて余計飛ばない・・・というケースもあります。

ですので、あくまでも適度な、またはゆるやかなアッパーブローがおすすめです。

c)打ち下しのホール

先程とは逆になりますが、打ち下しのホールの場合は、アッパーブローで打ってみるのも一つの方法かなと思います。

打ち下しの場合は、どうしても視線が低くなってしまいがちで、そうすると、大袈裟に言うと、上からヘッドを落とすような形になりやすく、結果として引っ掛けが出ることがあります。

アッパーブローで打つことのリスクは、あおり打ち、すくい打ちになって、右にボールが飛んでしまうことですが、打ち下しの場合は、下に視線が行きやすいこともあって、あおり打ちや過度なアッパーブローをある意味予防してくれます。

打ち下しのティーショットは言ってみれば、比較的安全にアッパーブローで打ってゆけるシチュエーションでもあるのかも知れないですね。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。