ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーは払い打つべきか?アッパーブローに打つべきか?

ドライバーは一般的にはアッパーブローで打つべきだという風に言われます。アッパーブローとは、ヘッドが最下点を過ぎてやや上昇している時にボールを捉えるという意味です。

特別な場合を除き、ゴルフで唯一この打ち方ができるのがドライバーです。他のクラブではティーアップも低いですから、下から上に向かって打つようなことはできません。もっとも、ボールを上げようとそういう打ち方になってしまうこともあるかも・・知れません。

ドライバーに関しては、様々な実験が行われています。その中で飛距離が最大になるための条件といったものもわかってきています。

簡単にご紹介すると・・・

1.ヘッドスピードを速く
2.打ち出し角を高く
3.スピン量を抑える

この3つが大切だといわれています。

ただ、バランスが一番大切です。スピン量を抑えてもヘッドスピードがなければ、ボールは飛びません。打ち出し角が高くてもスピン量が多ければボールは吹け上がってしまい飛距離も出ません。

ですから、その人なりのバランスというものが大切になってくると思います。

場面によって使い分ける

さて、少し話がそれましたが、ドライバーはアッパーブローに打った方がよいのか、それとも横から払い打つ方が良いのか?

僕は、どちらがいいというわけではないと思います。
使い分けることが大切だと・・思うんです。

基本的には、飛ばしたい時はややティーアップを高めにしてアッパーブローに打つことで、スピン量を上げずに打ち出し角を高くすることができますので飛距離も出やすくなります。

ただ、欠点もあります。それは、アッパーブローに打ちすぎてしまい、あおり打つような形になると、フェースが開きやすくなります。そのため、スライスやプッシュアウトなどが出やすくなります。

あおり打ちを直すには、ドライバーのあおり打ち、すくい打ちを直すをご覧下さい。

払い打つためのヒント

さて、ドライバーで払い打つためのコツですが、それはアドレス~トップ~ダウンスイング~インパクト・・・この間、ボールの後ろ(フェースが当たる部分)を見ていること・・・です。

ボールの後ろを見ながらクラブを振り下ろすと払い打つ形になりやすいと思います。

その反対がボールを真上から見下ろすように構えて、ボールの真上を見てスイングする方法だと思うんです。この方法だとどうしても、上から叩きつけるようなスイングになってしまうと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。