ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーのボールの位置は左足かかと線上がいい?プロはどこに置いている?

ボールの位置についてはこれまで正しいボールの位置とその基準についてボールの位置:ドライバーからサンドウェッジまででご紹介してきました。

その中でボールの位置の1つの基準として、

サンドウェッジから9番アイアン

スタンスの真ん中

ミドルアイアン

スタンス中央からボール1個程度左

ユーティリティ~フェアウェイウッド

ミドルアイアンとドライバーのボールの位置の間

ドライバー

左足かかと線上

・・・という風に書かせていただきました。

ただ、これは一つの基準で、これが全ての方にとっての正しいゴルフボールの位置・・・ということにはならないと思います。

ボールの位置というのは、その方によって、また、その方が打ちたいボールによっても変わってくるからです。

今回はドライバーのボールの位置について少し考えてみたいと思います。

プロはどこに置いているか?

ドライバーのボールの位置は左足かかとの線上がいい・・・という風に言われることがあります。(左利きの方の場合は右足かかと線上)

当サイトでもその位置を一つの基準にしています。

ただ、実際には、その位置も打ちたいショットやその方のスイングなどによって変わってきてもいいと思います。

今回は特に、「打ちたいショットによって」・・・というところに注目したいと思いますが、例えば、ドローボールを打つか、フェードボールを打つかでボールの位置は変わってきてもいいと思います。

以前、国内外のトッププロのドライバーのボールの位置を調査する・・・という実験があったのですが、その結果、

ドローボールが持ち球のプロ → 左足かかと線上よりも右
フェードボールが持ち球のプロ → 左足かかと線上

・・・が多いという結果になりました。

といっても調査の対象になったのは、トッププロのみで数としては10人ちょっとでしたから、プロゴルファー全体で見るとまた違った結果になるかも知れません。

ドライバーでドローボールを打つならボールの位置を右へでもご紹介しましたが、ドローボールが持ち球のプロの場合、左足かかと線上よりもボール半個からボール2個分程度右にボールを置いてドライバーを打っていることが多いようです。

フェードボールの場合は、左足かかと線上に置いているケースが多いようです。(それよりもボール半個程度左に置くケースもあると思います)

打ち出したい方向も関係してくる

ドライバーのボールの位置ですが、持ち球もそうですが、ボールを打ち出したい方向も関係してくると思います。

例えば、同じドローボールでも、ストレート系のドローボールもあれば、プッシュアウト系と言いましょうか、やや右に飛び出して左に曲がるドローボールもあります。この2つではボールの位置も変わってきます。

※今回はわかりやすくするために、ストレート系、プッシュアウト系、もしくは、引っ掛け系と書かせていただきます。

ドローボールの場合

目標ラインに真っ直ぐ打ち出してボールを左に曲げたい場合(ストレート系のドローボールの場合)は、ボールを左足かかと線上かまたは、ボール半個分程度右に置いてもいいかも知れません。

上記よりも、やや右に打ち出して、左に曲げたい場合(プッシュアウト系のドローボールの場合)は、左足かかと線上よりもボールをボール半個から2個程度(場合によってはそれ以上)、右に置くのがいいかも知れません。

フェードボールの場合

目標ラインに真っ直ぐ打ち出してボールを右に曲げたい場合(ストレート系のフェードボールの場合)は、左足かかと線上。

上記よりも、やや左に打ち出して、右に曲げたい場合(引っ掛け系のフェードボールの場合)は、左足かかと線上かそれよりもボール半個分程度左。

 

・・・といった形を一つの基準にして、そこから自分に合ったボールの位置を見つけてゆくのも一つの方法かなと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。