ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーなど長いクラブだと振り遅れる、フェースが返せない

アイアンだと大丈夫なのに、ドライバーやフェアウェイウッドなど、長いクラブになると振り遅れてしまったり、フェースが返せずにスライスが出てしまったりすることがあるかも知れません。

勿論、ロフトも関係していると思うんです。

少ないロフトがバックスピンを減らし、サイドスピンをかかりやすくしますから、その分だけいつもよりもスライスが出やすくなることもあるかも知れません。

短いアイアンでは真っ直ぐに飛んでいたボールでもロフトが少ないとバックスピンが減る分・・・サイドスピンが目立ってしまう・・・ということもあるかも知れません。

ただ、他にも振り遅れてしまう要因というものがあるように思います。

クラブが降りてくるのを「待っている時間」

わかりやすくするために、9番アイアンと70インチ位の超々(笑)長尺のドライバーがあったとします。

この2本を振ろうとすると、当然、長いクラブの方が振るのに時間がかかります。バックスイングもそうだし、ダウンスイングも・・。

だとすると、体も例えば、ダウンスイングでクラブが降りてくるのを「待っている時間」が長くなります。

振り遅れの1つの原因は体がこのクラブが降りてくるまでの時間を待っていられずに、左に動いてみたり、開いてしまったり・・・ということだと思います。

だから、ドライバーなどは打ち急ぐと振り遅れてしまうことが多くなります。

長いクラブでの振り遅れを直すには、クラブを「待ってあげる」ことが大事だと思うんです。

ただ、そういってもどうやって待っていいかわからない・・・ということもあるので、その場合はちょっとしたところに意識を向けてみます。

頭と胸の向きを意識してみる

これは以前にも少しご紹介したことがあるのですが、クラブが降りてくるのを待ってあげるには、胸の向きに注意してみる・・・というのも1つの方法かなと思うんです。

バックスイングでは体を右に回転させます。この時、当然、胸も右に回転してゆきます。

トップに来ると胸は右、もしくは右斜め前などを向いている状態になっていると思います。

この状態で一度止めてみます。

次にダウンスイングをスタートさせますが、この胸が右を向いたままダウンスイングからインパクトまでスイングしてみます。

勿論、完全に胸の向きを変えないなんてことはできませんが、意識するだけでも違うと思います。

こうするとクラブを振る「時間」と「スペース」が生まれ、振り遅れなくなりますし、フェースを返してゆきやすくなると思います。

 

もう1つは頭というか顔の向きです。

バックスイングで体を回転させる時には、背骨とつながっている頭も必然的に右へと回転します。

バックスイングのトップでは目ではボールの方を見ていますが、顔は右を向いていると思います。(右足のつま先の方向を向いているような形でしょうか)

プロのスイングの連続写真を見ると、この顔の向きがトップからインパクトまでそれほど変わっていません。インパクトでさらに右を向いているプロもいます。

振り遅れてしまう時は、このようにトップで右を向いている顔の向きを維持する意識で、ダウンスイングからインパクトまでスイングしてみると良いのではないかなと思います。

振り遅れている時は、何とか手でタイミングを合わせなくてはならず、苦しいスイングになりやすいのですが、この胸の向きと顔の向きに注意してみるだけでも、かなりそれは改善されると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。