ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

グリップをチェックする方法とタイミング

スライスやフック、飛距離不足などの原因がグリップにあるのではと思ってグリップを変えてみることは素晴らしいアイディアだと思います。

ただ、グリップって自分の知らぬ間に変わってゆくことがあります。変えたつもりなのに、気づいたら、昔の握り方になっていた・・・というような経験は誰にでもあると思います。

ゴルフ初心者の方にも多いのですが、直したはずが、気づくとウィークグリップになっていた・・・ということがよくあります。

ゴルフでは右肩を下げて構えます。右手が左手よりも下に来るためです。だけど、右肩を下げて構えると、辛い体勢になったりして、疲れたりします・・。

だから、右肩の位置が注意した後でも高くなってきたりすることがあります。または、体をオープン(ターゲットラインと平行ではなく、開いている(右を向いている)状態)にしてしまうことも・・・あると思うんです。

確認するのはテークバックの直前に

多くの方はきっと、自分にとって楽に構えたい(そう思っているだけで実際に楽かどうかは別にして)、慣れた構え方をしたいと無意識のうちに思っています。だけど、それが上達の妨げになっていることもあるのかも・・知れません。

グリップはゴルフスイングに一番大きな影響を与えます。

だから、時々グリップを見直します。どんなに上達しても、グリップはチェックする必要があると思うんです。

ところで、グリップはいつ、どうやってチェックしていますか・・・?

グリップをチェックするのに一番効果的なタイミングは、テークバックの直前にチェックしてみる・・・ということかも知れません。

ワッグル※1をする前ではなくて、もう本当にクラブを動かす直前です。

※1 ゴルフで、打つ前にボールのそばでクラブヘッドを軽く前後に動かす動作のことです。ワッグルをする意味も参照ください。

普通、ボールから離れたところでグリップをチェックしたりすると思うんです。

でも、テークバックの直前になると、その形が大きく崩れている方もいます。握り方もそうかも知れませんが、グリップの位置などは特にそうです。

ゴルフ基礎編でも左手のこぶし(の山)をチェックする・・・という内容の記事を書かせていただきました。

この左手のこぶしの山をチェックするタイミングはテークバックの直前がベストだと思います。

何故なら、ワッグルをしたり、ターゲットを見たりしているうちに、今の自分がやりやすいように位置を無意識のうちに変えてしまうことが上級者であってもよくあることだから・・・です。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。