ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ゴルフスイングの本当のコツはここにある

ゴルフスイングをどうにかしようと思うと、ほとんどのゴルファーは振り方そのものを直そうとされたりすると思うんです。

ゴルフスイングのコツを探していると、色々と出てきます。

腰をもっと回せ・・・とか、バックスイングではクラブをこういう風に持ってきて、ダウンスイングではボールが右足の手前にあると思って・・・こんなアドバイスを求めようと思ったらいくらでも探せてしまいます。

そして、そんなアドバイスを試してみる。

すると・・・効果があったりします・・!

素晴らしい!感動して、コースに出たら・・・全く駄目だった。
そんな経験はないでしょうか・・・?

振り方を直そうとすること、つまり、スイングそのものをどうにかすることで、一時的に効果が出ることがあると思うんです。

でも、それが続かなかったりします・・。ゴルフの帝王と言われたジャック・ニクラウスはこんな言葉を残しています:

If you set up incorrectly, you'll hit a poor golf shot even if you make the greatest swing in the world. Jack Nicklaus

セットアップ(アドレス)が間違っていたら、いくら世界で一番素晴らしいゴルフスイングをしたとしても、いいショットは打てないだろう。 ジャック・ニクラウス

僕はゴルフスイングの本当のコツって、スイングそのものと言うよりもテークバックを始める前の段階にあると思うんです。

それは、グリップやボールの位置、アドレスの姿勢やアドレスの向き・・・などです。どんなショットになるかを決める要素の殆どは、そられにあると思います。

ゴルフを極めた人にゴルフで一番大切なことを聞いてみます・・・すると、振り方について発言する人はほとんどいません。

ゴルフスイングのコツや一番大切なことは振る前にあるように思うんです。

それは、ゴルフ基礎編でご紹介しているようなグリップボールの位置アドレスの姿勢・・・などです。みなさん、プロのスイングを真似ようとします。しかし、例えば、300ヤード飛ばす人のスイングをアマチュアが真似ようと思ってもなかなかできなかったりします。

でも、アドレスなら、グリップなら、ボールの位置ならば、真似できるのではないでしょうか?それらは何もプロのアスリートでなくても誰でも実践できることだと思うのです。

いくらスイングを変えようとしてもスライスは直らなかった

何をやってもスライスが直らなかったゴルファーがいました。
彼は何年もとにかく練習したそうです。

スイングを変えようと必死だったのです。

ゴルフスイングのコツを探して発売された雑誌はすべて買い、ゴルフの中継があればそれを録画して、スローで再生しながらプロのスイングを真似ようとしていました。そして、打ちっぱなしでそれを実践してみる。

そんなことをほぼ毎日のように続けていました。

結果はどうなったと思われますか?

直らなかったんですね。スライスは。何年も毎日スイングを変えようとして一生懸命やったのに。彼はそれで諦めたそうです。スライスを直すことも、ゴルフそのものも。

ところが、ある日、彼の友人に誘われて数年ぶりにまたゴルフクラブを手に取ることにした。

彼はその時に僕のサイトを見つけてくださって、半信半疑でグリップをとにかく変えてみようとしてみたそうです。

彼のグリップはいわゆるスクウェアグリップだったんです。

教科書通りのグリップ。だから、彼はそれまでグリップをいじろうとは思わなかったんですね。まさに以前の僕と同じだったんです・・。

彼はグリップをフックグリップに変えてみました。

そして、打ったボールは人生で一度も打ったことがないドローボールだったそうです。

彼の飛距離は飛躍的に伸びました。

それまでの弱々しいスライスが、力強いドローボールに変わったのです。

スイングのコツであったり、振り方というのは確かにあります。

しかし、それはグリップが出来ていなければ何をしても無駄になります。

自分には合っていないグリップで振り方だけを変えても、結果はついてこないように思います。

だから、「ゴルフスイングのコツは何ですか?」と聞かれたら、僕は「ショットを打つ前にあります。」と答えると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。