ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ライ角を調整する前に知っておきたいこと

ライ角はショットの方向性を決める上でも重要な役割を果たします。

クラブメーカーからはアップライトなクラブ(ライ角が大きいクラブ)が発売されることがあります。これは何を目的にしているかというと、1つは、ボールのつかまりをよくするためだと思うんです。

というのも、クラブはアップライトなクラブほどスライスが出にくくなります。逆にライ角がフラットなクラブほど、フックは出にくく、スライスが出やすくなります。

ただ、そうやってライ角で球筋を矯正するのも1つの方法だとは思いますが、殆どのケースではライ角が本当の問題ではなく、グリップの握り方に問題があると思うのです。

アドレスの時点でクラブのライ角に合わせて構える必要はない

ライ角が与える影響というのはグリップの握り方にも大きく左右されます。

ここを間違えてしまわれる方が多いのですが、ゴルフクラブのライ角に合わせてグリップを握ろうとしてしまう人がいます。

つまり、クラブのソールが地面にぴったりと当たるようにして構えようと(グリップを握ろうと)してしまうのです・・。

しかし、実際はアドレスとインパクトでのグリップの位置というのは微妙に違います。遠心力が働くために、インパクトではアドレスで作っていた手首のコックがほどけるからです。

これをトゥダウン現象といいます。詳しくはトゥダウン現象とは? グリップの握り方とクラブの選び方ももご覧ください。

トゥダウン現象とは、インパクトでクラブのトゥ側が下がることを言います。遠心力によって手首のコックがほどけ、クラブのトゥ側が下がるのです。これはプロでもアマチュアでも必ずそうなります。

ですから、アドレスの時点では、あえてクラブのトゥ側を浮かせて構えておく必要があります。

クラブのソールが地面にぴったりと当たるようにして構えた場合、恐らく殆どの人がアップライト※に構え過ぎていることになるのではないかと僕は思います。

※アップライトとは地面に対して垂直に近いこと

アップライトに構えるということはグリップもそうなるように握っている可能性が高いのですが、実はこれが一番の問題だと思うのです。

アップライトに構えるとグリップはパームグリップになりやすくなります。アドレスの時点でクラブのソール全体を地面につけてグリップしている方はパームグリップになりやすくなります。(フィンガーグリップとパームグリップ参照)

アップライトに構えるとは、つまりハンドアップに構える(手の位置が高くなるように構える)ということにつながりますが、ハンドアップとパームグリップを合わせると、スライスしか打てなくなってゆきます。

フィンガーグリップでの握り方と確認方法ではパームグリップにならないためのグリップの握り方を紹介しておりますので、そちらも参考になさってください。

ストレートボールを打つのは困難になります。そこで、仕方がなくライ角を調整したり、アップライトなクラブを買ったりする方がいらっしゃるかも知れません。

アイアンを選ぶ際にはライ角というのは非常に重要になってきます。ライ角が合っていないとストレート系のボールを打つのはとても困難になってきます。

しかし、殆どの方はそれ以前にグリップの握り方に問題があるように思うのです。ですから、まずはそこを直してからライ角をお考えになってもよいのかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。