ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

フェースの芯に当てるボールの見方

トップやダフリを改善させるためにスイートスポットに当てるボールの見方という記事を以前に書かせていただきました。

今回はそのおさらいと世界ナンバーワンと言われたゴルファーが実際にやっていたボールの見方についてご紹介していきたいと思います。

ボールは漠然と上から見ている?

ゴルフボールというのは、地面の上に置かれています。
それを1メートル以上も上から見下ろす形になります。

すると多くの方はボールの上を見てしまうのではないかと思うんです。
ゴルフボールというのは小さいですから。

でも、こんなことをイメージしてみてください。もしゴルフボールが直径1メートルもあったら。

そして、そのボールをアイアンで打ってくださいと言われたら、ボールの真上を見るでしょうか?

きっとボールの横、つまり、ボールとアイアンのフェースが触れる場所を見て(狙って)打つと思うのです。

でも実際のゴルフボールというのはとても小さいですから、ついボールの上を見てしまったり、ボールを漠然と上から見てしまいます。

どこを見るか、どこに焦点を合わせるかというのはとても大切なことで、ボールの上を見れば、トップしやすくなると思います。それを防ごうとするとダフリが出たり。

僕はボールの真横、フェースがボールに当たる場所を見て構えるべきだと思っています。

直径1メートルのボールを打つ時のように、ボールは真上を見るのではなくて、真横を見て打つべきだと思うんです。

ボールの上を見れば、叩きつけるようなゴルフスイングになりやすく、ボールの真横を見れば払い打つようなスイングになりやすい・・・僕はそう思っています。

ボールの右半分を見ることでよりボールを芯でとらえやすくなる

アドレスからインパクトまで、どのようにしてボールを見ているでしょうか?
ゴルフの帝王と言われたジャック・ニクラウスは、

「いつもはボールの一部ではなくて、全体的に見ている」(ジャック・ニクラウス)

・・・と答えています。しかし、それは毎回のことではないようです。ボールを芯でとらえやすいボールの見方があると言うのです。それは、

「私は時々、ボールの右半分を見ることでよりボールを芯でとらえやすくなることを発見した。」(ジャック・ニクラウス)

アドレスした時に見えるボールを(頭の中で)半分に別けます。

そして、クラブフェース側のボール半分に集中することでより芯でボールをとらえやすくなる・・・と言うのです。

この方法は特にスライスや引っ掛けなどが多い人には効果的かなと思います。

ボールに当たらなくなってきたら試してみるのも面白いかも知れません。

ボールの右半分を見てスイングすると、スイングの軌道が上から叩きつけるような形から、もっと真横から払い打つような形になると思いますから。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。