ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

ドローボールの打ち方とダウンスイング

ドローボールの打ち方についてはドローボールの簡単な打ち方と2つのコツで詳しくご紹介してきました。

他にもドライバーでドローボールを打つならボールの位置を右へドローボールの打ち方 「バックスイング」ドローボールの打ち方 「トップ」でもポイントや注意点などを書かせていただきました。

今回はダウンスイングについてです。

ダウンスイングはクラブヘッドがすごいスピードで動いていて、それをコントロールするのはバックスイングをコントロールしようとするよりも難しい・・と思います。

ただ、全く何もできないわけではなくて、ダウンスイングでもできることってあると思うんです。また、ダウンスイングを直すことで大きな結果が得られるケースもあります。

左手の甲

あるゴルファーに「あること」を試してもらったところ、飛距離が40ヤード伸びました。彼は僕の知人で、時々出るスライスや、つかまりの悪いショットに悩んでいました。

彼に試してもらったのは下記のような簡単なことでした。

まず、普通にバックスイングします。素振りをしますので、ボールは必要ありません。バックスイングしたら、ゆっくりとダウンスイングをします。スローモーションです。

そして、左手が腰の辺りに来たところで・・左手の甲を地面に向けるように意識してスイングしてみます。

左手に時計をしている方は時計の文字盤が地面を向くように意識してみてください。

彼の場合は、これだけのことでドライバーの飛距離が40ヤードも変わりました。

左手の甲を地面に向けてダウンスイングするということはゴルフクラブのフェースを閉じながらダウンスイングしているということになります。

ダウンスイングではクラブヘッドが高速で動いていますから、その中でクラブフェースを意識するのはとても難しいかも・・知れません。

でも、手であれば体の一部ですから、クラブフェースよりは簡単に意識できるのではないかなと・・・思います。

また、つかまりが悪い、右にボールがふけてしまう・・・という方にも効果があるのではないかなと・・・思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。