ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

ドローボールの3つの練習方法

さて、今回はドローボールを打つための3つの練習方法についてご紹介してゆきたいと思います。

1.クローズドスタンスで打つ練習方法

これはトッププロも実践している練習方法です。

まずいつも通りに構えてみてください。ボールはいつもよりもボール1個から2個程度右に置きます。次に・・・

①右足つま先が左足かかとと同じラインに来るまで真後ろに下げます(クローズスタンスにします)

②テークバックをしますが、その時両足のつま先を結んだラインに沿って(自然とインサイドに)テークバックします

③ダウンスイングではそのラインにそって振り下ろします

④右手の平が地面に向きながらおりてくるイメージでクラブを振り下ろしてください

⑤フォローではクラブを高く振り上げないで、低く抑えてください。

さらにこのやり方で右足をつま先立ちで打つという練習方法もありますので、よかったら挑戦してみてください。

このドリルでインサイドから振り下ろしてくるイメージを体感できます。この練習がしっかりできている場合は、ボールは最初に構えた時のターゲット(目標)よりも右に飛び出して、左に曲がってくるドローボールが出ると思います。

2.インサイドから振るための練習法

今度はドライバーのヘッドカバーを使ってやる簡単なドリルをご紹介します。

インサイドから振り下ろすドリルですが、まずボールの後ろ、ターゲットライン上に立ちます。そのラインよりボールの後ろからみて少々右側にヘッドカバーを置きます。

ヘッドカバーはクラブヘッドが入ってくるスペースを残せるくらい右に置きます。具体的にはこんな形です。

もし、ボールを打つ際にこのヘッドカバーにクラブヘッドが当たるということはアウトサイドから振っている証拠です。

このヘッドカバーに当たらないようにインサイドから振ってゆきます。

3.ボールを払い打つ感覚を身に付ける

ドローボールを打つにはまず、ボールを横から払い打つような意識を持つことが大切だと思います。スイートスポットに当てるボールの見方も参考になると思います。

下記はボールを横から払い打つ感覚を身に付けるための練習方法です。

まず、ボールをティーアップします。それも可能な限り高くティーアップしてください。次にミドルアイアン(7番アイアンか6番)でその球を打ってみます。

その際気をつけたいのがボールを真横から捉えることです。

こんな風に上から打ち込むのではなく・・・

高くティーアップされたボールの横っ面をフェースで捉えるようなイメージです。

この際、ボールをすくい上げないようにしてください。
あくまでもボールの横を払い打つようなイメージです。

10球ほどこのような形でボールを打ったら、そのイメージで地面に置いたボールも打ってみてください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。