ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

フェース面を感じる練習をしよう

フェースの向きは球筋を決めます。
スライスもフックもそうです。

そう考えると・・・スイング中にフェース面を意識する・・・ということも大切なことだと思うんです。

もし、それができるようになれば、それだけイメージしたボールを打ちやすくなります。スライスも直ります。フックも直ります。ストレートボールもそれだけ打ちやすくなります。

でも・・フェース面を感じるために何をしたらいいでしょうか・・?

それには素振りが最適だと思うんです。ゴルフは他のボールを打つスポーツに比べて素振りをあまり重要視していないようなところがあります。テニスや野球などにしてもそうですが、素振りってとても大事ですし、よく練習しています。

しかしゴルフはどうでしょう。素振りをしないでボールばかり打つ・・・ということの方が圧倒的に多いと思うんです。

ただ、ボールに意識がいき過ぎてしまうと・・・フェース面が感じられなくなったりします。

そこで、こんな練習方法があります。

クラブは、6番や7番アイアンを使います。
まずいつも通りにグリップします。次に右手を少し下におろします。
右手と左手の間に隙間を作ります。

そしたら、右手を親指と人差し指だけ残してクラブから離します
右手は親指と人差し指だけでクラブを握っている形になります。

この状態で素振りをします。クラブヘッドは地面から数十センチ浮かせて素振りをします。

この時、意識をスイングそのものではなくて、フェースの面に向けます。フェースがどんな動きをしているかに意識を集中させます。

特にインパクトエリアのフェースの面を意識してみます。フェースが閉じながらインパクトエリアに向かってゆくイメージで素振りをしてみてもいいと思うんです。

また、スライサーの方はトップの位置にきた時にフェースが真上を向いているイメージで素振りをすると思います。

普通の素振りでもいいのですが、右手をあえて親指と人差し指だけで握ることでより、フェースに意識が向きやすくなると思います。

フェース面というのはまた、グリップを強く握り過ぎても・・・なかなか感じることが難しくなりますので、フェースの向きやフェース面そのものをスイング中に感じられるようになるまで・・・・グリップを握る力を弱めていってもいいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。