ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

バックスイングで頭はどれ位動かしてもいいのか

ジャック・ニクラスのチンバック:頭の位置と傾きで頭がバックスイングで少し右へと動くのは自然である・・・というお話をさせていただきました。

ではどの位動かしていいのでしょうか・・・?

これは人によって違いますのでこの位が正しい・・・ということはないと思うんです。しかし、動かすといっても限度があります・・。

ジム・マクリーンに師事し、日本でもレッスンプロとして活躍する江連忠氏によると、プロの場合、バックスイングでは頭を右に1個以上動かすプロはほとんどいないのだそうです。

バックスイングの場合、ほとんどのプロが左右に頭半分の範囲で動かしていたというのです。

ちなみにダウンスイングの場合、ドライバーは頭が右に頭半分の範囲、アイアンの場合は左に頭半分の範囲が許容範囲・・・とのこと。

これはドライバーの場合はアッパー気味にボールをとらえることがあるのに対して、アイアンはどちらかというと、ダウンブローでボールをとらえるためです。

頭半分というごくわずかな範囲ですが、今まで頭を動かさないようにスイングしていた方にとっては、頭がかなり動いている感覚になると思います。

また、頭を上下に動かすのは悪いことだ・・・と思っている方もいると思います。確かにミート率のことを考えると頭が上下するのはマイナスかも知れません。

しかし、プロの中でも数センチ・・・という範囲ですが、頭を上下している人もいますので、上下に動かすことが悪いとは言い切れません。

大切なのは無理に頭を固定させようとしないこと・・・かも知れません。

頭は回転しながら、若干右へ動く

頭は背骨とつながっています。ですから、バックスイングで体が右へと回転する際、必然的に頭も右へと回転します。

頭が右に回転すると、ボールと目の間の距離も変わりますから、随分右へと移動しているような意識になるかも知れません。

しかし、実際は頭が右に回転しているからそう感じるのであって、江連プロが指摘するようにそれほど大きく右へと移動しているわけではありません。

ただ、体重を右に移動する際に、頭は右に回転しながら、若干右へと動くのが自然です。この頭の自然な動きを抑制しようとすると、トップでの背骨の角度に狂いが出てしまい、リバースピボットの原因となったり、体重移動が疎かになったりすることがあります。

ですから、頭は右に回転させながら、少し右に動く・・・と考えておけばよいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。