ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

頭の位置が動く?頭は動かさない方がいいのか?

昔はよく、ゴルフスイング中は頭は動かさない方が良いと言われていました。頭の位置はアドレスの位置で固定してしまい、ゴルフスイング中は頭を動かさない方が良い・・・そういう考え方(ゴルフ理論)です。

ですが、僕はそうは思いません・・。

他のスポーツを見てみると、野球のバッター、ピッチャーの投球、テニスのフォアハンド、バドミントンのスマッシュ、卓球のフォアハンド・・・どの動きをとってみても頭を動かさずにゴルフスイングで言うところのバックスイングをしているものはないのです・・。

重心移動と重心を左右するものでも書きましたが、頭は思ったよりも重量があるために頭を左右に傾けると体重が自然に傾けた方に動くのが分かると思います。

例えば、野球のピッチャーは振りかぶる際に左足(右利きの場合)を後ろに下げ、次に右足に全ての体重をかけます。

この間、頭は動いていないかというとそうではなく、まず後ろに(バッターから離れて)そして前にという風に大きく動いています。

タイガー・ウッズをジュニアの頃から指導してきた世界的に有名なレッスンプロのブッチ・ハーモンはこう言っています。

「ゴルフスイングの最中に頭を動かさないようにすることは最悪である。」ブッチ・ハーモン

意識して頭を動かさないようにしていなくても結果的に同じようになっている場合もあります。

特に朝一のショットはその典型的な例だと思いますが、緊張したり体が硬くて・・・いつも通りのスイングができなかったりすることがあるかも知れません。

「おかしい・・・体が硬くて動かない・・・」

・・・体が硬く感じるのは、何かが体をスムーズに動かすことを邪魔しているから・・かも知れません。

緊張のために体が固まっている時は余計そうですが、バックスイングのスタート時に頭を意識的に右に回転させるようにしてみることも1つの方法だと思います。

緊張していると、またはボールに当てることばかりを考えていると、ボールをスイング中に凝視してしまうことがあります。すると、頭が固定されてしまい、バックスイングが小さくなります。

そして、動きも同時に硬くなります。ですから、緊張している時は余計、頭を右に回転させる意識でスイングするとスイングそのものが滑らかになります。

頭は右に回転させる

頭を動かさないで体重移動する方法はありませんか?と聞かれることがあります。でも頭を動かさないで体重移動するのはまず無理だと思うのです。それをやったとしても、スイングが狂ってきます。

頭にある程度自然に動ける自由を与えるとゴルフスイングが滑らかになります。そして、体重移動も勿論ですが、スムーズになります。ですが、頭の動きの自由を奪うと、スイングは途端に窮屈なものになります。

勿論、ショートアイアンでもコントロールショットのように体重移動はあまりしないで打つような特殊なケースでは頭は殆ど動いていないように見える時があります。

でもそれは動いていないわけではありません。

バックスイングでは体を右へと回転させます。体と頭はつながっていますから、体が右へ回転するのに、頭は正面を向いたまま・・・なんてことは当然不自然です。

試しにこんなことをしてみたいと思います。

真っ直ぐに立ちます。頭は正面を向けたまま動かさずに体を右に回転させてください。次に今度は頭も体と一緒に右へと回転させながら、体を右に回転させてください。

この時、頭は右に回転させますが、目だけは正面を見続けるようにします。(ゴルフスイングでも同じこと、ボールから目を離すことはしません)

どうでしょう?

頭も体と一緒に回転させた方がより大きく右に回転できたのではないでしょうか?また、その方が右足に体重が移動したように感じませんでしたか?

この頭が右に回転する際、ゴルフスイングでは体重も右へと移動します。その際、頭は回転しながら、少しですが、右へと位置を移動します。それが体重移動ができている証拠でもあります。

頭は動かさないようにするのではなくて、意識的に右へと回転させてみてください。その際、体重移動ができていれば、少しだけ頭が右へと移動しますが、それは間違いではないと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。