ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイングの軸は何本?

ゴルフスイングの軸は何本(軸)でしょうか・・・?

ゴルフスイングの軸については今まであまり触れてきませんでした。

特に理由があって避けてきたわけではありません。

しかし、軸というとどんなイメージを持つでしょうか。

軸=動かないもの

・・・というイメージでかも知れません。

もし、そうであれば今回はそのイメージを少なくともこのページを読み終わるまでは忘れていただきたいと思います。

軸は1本?2本?

ゴルフスイングの軸というと1本という人と2本という人に専門家の中でもわかれると思います。

どちらもそれなりの検証をした上でそう言っているのだと思います。

軸にこだわる人がいるのはゴルフスイングを安定させたいから・・・ではないでしょうか。

例えば、タイガー・ウッズが憧れたゴルフの帝王、ジャック・ニクラウスは1本の軸であると指摘していたことがありました。

ところが、タイガー・ウッズの時代になる少し前からは2本の軸をしきりにすすめるレッスンプロも多く出てきました。

僕自身はこれまで軸という言葉を殆ど使ってきませんでした・・。

軸は意識するというよりも自然と出来るものという認識が少なからずあったからです。

しかし、何本かと言われればこう答えます。

「可動式の1本の軸」

・・・少し分かり難いかも知れませんので、もう少しわかりやすくご説明したいと思います。

ゴルフスイングの軸は可動式の1本

スイングの軸は背骨であると僕は考えています。

右手が左手よりも下がっている分だけ右肩が左よりも下になります。ということは背骨の角度も右に傾きます。(前傾した際にできる角度はここでは省きます)

特別なショットを除いて、背骨という軸は最初から右に傾いているわけです

ゴルフスイングは回転運動ですから、その背骨という軸を中心に回ることになります。体重は最初は両足に均等にかかっていますが、ゴルフスイングではバックスイングで右に体重を移動します(右利きの場合)。

体重を移動させる際にこの背骨の軸が、右に傾いた角度はそのままに右へやや移動します

今度は切り返しで左足に体重を戻した際に軸はまた元にあった位置まで移動します。この移動距離というのはごくわずかで、スタンス幅によって変わってきます。

このように軸は背骨であり、その背骨は右手が下になる分だけ少し最初から右に傾いています。その傾いた背骨を中心にして右へと体を回転させます。

その過程で体重は右足に乗りますが、体重が右足に移動する際に、この軸である背骨も右に若干ですが、移動します。

ですから、ゴルフスイングの軸は可動式の1本の軸・・・だと僕は思っています。

ただし、スイング中に軸を意識することは特別な練習以外は必要ないと思っています。

軸というのは最初の段階、つまりアドレスでしっかりと作ってしまえば、つまり、背骨を右に傾けてしまえば、後は体を素直に右に回転させるだけです。

どの程度背骨は右に傾ければいいか?

・・・と疑問に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、それは右手が左手よりも下に来る分だけ・・・ということになります。

グリップを握る際に右手は左手よりも下になります。
この際、右肩が必然的に左よりも下がります。

このように右肩を左肩よりも下げる形でグリップを握ると、背骨は自然と右へと傾きます。

特に意識しなくても。ただそのためにはグリップがしっかりとできていなければなりません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。