ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

アドレスでの右肩の位置と背骨の角度

アドレスをした際の右肩と左肩の位置、それから背骨の角度についてはこれまでにも何度も書かせていただきました。

僕はそれだけ重要なことだと思っています。

右肩の位置

構えた時に、右肩が左肩よりも下がっているかどうかで、その人が上手いのかどうかがわかると言っても過言ではないのかも知れません。

殆どのアマチュアの方は右肩の位置が高く、両肩が地面と殆ど平行になっています。しかし、グリップする際は右手が左手よりも低くなります。ということはどこかでその影響が出てくることになります。

本来であれば、右手が低くなる分だけ右肩が左肩よりも低くなります。

しかし、右肩を下げて構えるというのは、普段の生活の中ではあまりしません。真っ直ぐに立って、右肩を下げてみてください。きっと違和感を感じると思います。

だから、ほとんどの人が楽な姿勢、つまり両肩を地面と平行にして構えるのだと思います。でもそれが大きなトラブルを引き起こしているとはほとんどの方が理解されていないようです。

さて、話は少しそれましたが、右肩を下げずに構えた場合どうなるかというと、ほとんどの場合、右肩(と右腕)が前、ボールの方向に出ます

つまり、肩のラインがオープンになる・・・ということですね。こうすると、右肩を下げなくても右手を下にして構えることができます。

でもこれ、確実にスライスの原因になります。

これをやってしまうとダウンスイングでフェースが開いて降りてきます。それを防ぐために、様々なことをやってみる。振り方を変えたり、スタンスを変えたり、ボールの位置を変えたり・・・まさに泥沼です。

右肩はどれだけ下げるか

さて、じゃあ右肩はどれだけ下げればいいのでしょう?

答えは、グリップを握る際に右手を下げる分だけ・・・ということになります。ですから、例えば、オーバーラッピンググリップの方より、テンフィンガーグリップの方の方がほんの少しだけ右肩は下げることになります。

ドラコンで世界チャンピオンになった、シーン・フィスターはアドレスで右肩を3インチ(およそ8センチ)下げた方がいい・・・という風に話しています。

背骨の傾き

もう1つ注意する点、それは背骨の傾きです。

右肩を下げる際に、背骨も右へと少し傾きます。右手が左手よりも下にくるために背骨も右へと傾くのが自然なのです。

しかし、右肩をせっかく下げても、背骨を傾けずに、地面と垂直にしている方も中にはいます。

これをやってしまうと、やはり両肩のラインがターゲットに対してオープンになってしまうのでスライスが出やすくなります。

右肩を下げたら、背骨も傾ける・・・この点も注意しておきたいポイントになります。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。