ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

アドレスで右肩が前に出てしまう

構えた際に右肩と左肩を結んだラインは飛球線又は、ターゲットライン(下記の図参照)に対して平行であることが理想です。

この飛球線に対して、両肩を結んだラインが平行になるように構えます。

ところが、この肩のラインが右を向いていたり、左を向いていたりするケースもあります。

今回は肩のラインが左を向いているケース、つまり、肩のラインがオープンになっている場合の直し方についてご紹介したいと思います。

右肩と左肩を結んだラインがオープンだと、恐らく、引っ掛けやスライスなどが多くなってくると思います。

この状態から無理にインサイド・アウトで振ろうとすると、プッシュアウト系のスライスが出やすくなります。

肩のラインというのは、スイングの軌道に大きな影響を与えるものです。

だから、肩のラインがオープンなら、アウトサイド・イン・・・

 

肩のラインがクローズならインサイド・アウトのスイング軌道・・・

 

・・・になりやすいです。

まずはグリップを疑ってみる

アドレスで両肩のラインがオープンになってしまう理由では、背骨の角度、右肩を左肩よりも下げて構える点を指摘しました。

今回はグリップについて書いてみたいと思います。

これはプロでもよくあることなのですが、右手に力が入り過ぎてしまうと、右肩が前に出てしまって、肩のラインが開いてしまう(オープンになってしまう)ことがあります。

右手に力が入り過ぎると、右手を若干かぶせるようにして握ってしまうのかも知れませんし、単純に右腕全体に力が入ると右サイドが前に出やすいのかも知れません。

いずれにしても、右手、右腕に気を付けてみることで、右肩が前に出る問題点を直すことができる場合もあります。

ポイントは2つあります。

1.右手のグリップ

力が入るとかぶせて握ってしまう方がいます。右手をかぶせるとは、ウィークに握ってしまうということです。

右手の親指と人差し指の間でできるVの字をチェックしてみてください。構えて、さぁ、ボールを打つぞという時にチェックします。

この時、このVの字があごを指していたら、右手がウィークグリップになっていますので、この場合右手を右に回転させてあげます。

Vの字が右肩から右耳の間に来るようにしてみてください。

右手を右に回転させるほどに、右肩は後ろに下がってゆくと思います。

それから、勿論ですが、左手のグリップがウィークグリップの場合はそれも直す必要があります。

スライサーの方は、左手のこぶしの山が3個から3個半見えるようにしてみるといいかも知れません。

2.右ひじ

もう1つのポイントは右ひじです。右腕に力が入ると、右ひじが伸びすぎてしまいます。ですから、右ひじを少し曲げるような意識でも良いのかも知れません。

曲げるといっても、ほんの少しだけです。

この曲げ具合ですが、こんなことをするとわかりやすいかも知れません。

まず、右腕を前に真っ直ぐに伸ばしてみてください。肘をできるだけ真っ直ぐに伸ばします。そしたら、右手にこぶしを作って、思い切り力を入れてください。グーっと力を入れます。

次に力をフッと抜いてください。この時、右腕は適度にリラックスできていて、右ひじがほんの少しだけ曲がっていると思うんです。この曲げ具合がちょうどよいのではないかと思います。

アドレスでクラブを握った際もこの右ひじの状態になるように心がけてみると良いと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。