ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイング 「リバースピボットとは?原因と直し方も」

リバースピボットとは、バックスイングのトップで左足に体重が残り、ダウンスイングでは右足に体重が乗ってしまうことを言います。

これは、正しい体重移動と真逆なんです。本来であればトップで右足に体重が乗ります。プロの場合、トップで体重の9割が右足に乗っているというデータもあります。

ところが、リバースピボットをしている方の場合はトップで右足に体重が乗るべきなのに、左足に体重が残っています。

ダウンスイングでは右足に移した体重を左足に移動させます。しかし、左足に体重を残したままバックスイングをして、ダウンスイングに入ろうとすると、今度は右足に体重が乗ってしまいます。

するとインパクトでも右足に体重が残ったままになり、飛距離が出ません。いくら振っても飛ばない・・・その理由はリバースピボットかも知れません。

リバースピボットにもいくつかの原因があります。直し方についてはリバースピボットを直す方法でもご紹介しました。今回は原因の1つ、グリップについてご紹介したいと思います。

ウィークグリップが原因だった?

ウィークグリップでクラブを握っている方には、リバースピボットをする人が多いです。スライスを打っていたり、引っ掛けなどを打ったり、構えた時に右を向いていると指摘されたことがある方などはウィークグリップがリバースピボットの原因となっている可能性もあります。

ウィークグリップだとスイング中にフェースが開きます。そのまま打つとインパクトでもフェースが開いた状態ですので、ボールはスライスします。右に曲がってゆくボールを嫌がると、左に引っ張ろうとするようになります。

いわゆる引っ掛けです。

引っ掛けが出るとスライスが直ったと勘違いしてしまいますが、ボールは左に真っ直ぐに飛んでゆくので、今度は右を向いて構えるようになる・・・という方が多いのではないでしょうか?

しかし、右を向いているのに、ボールは真っ直ぐ飛ぶのですからそれはストレートボールではなくて、引っ掛けです。

引っ掛けを打つにはクラブを外側から降ろしてくる必要があります。いわゆるアウトサイドインのスイングです。そうすることでボールを左に引っ張るのです。

そのためにはバックスイングで体をあまり右へと回転させるわけにはいきません。体をしっかりと回転させると、クラブはターゲットラインもしくは飛球線の内側から降りてきやすくなります。

するとフェースが開いているスライサーの方は、右に飛んでさらに右に曲がるスライスが出てしまいます。

そうならないためには、体を回転させずに体を右にスライドさせてしまっている方もいます。つまり、腰が右へと流れてしまっているのです。こうすると、正しいスイングはできませんし、リバースピボットになりますが、クラブはアウトサイドから振りやすくなります。

つまり引っ掛けを打ちやすくなります。

グリップを直しただけで簡単に直った

さて、ここまでリバースピボットの原因がグリップにあること、そして、スライサーはスライスを予防するために無意識のうちに引っ掛けを打つ傾向にあること。それがまたリバースピボットの原因になっていることをお話しました。

実際にこんな事例もあります。

典型的なリバースピボットをしている方がいました。彼のスイングの動画を見せてもらったのですが、明らかなリバースピボット。ボールは全く飛んでいませんでした。

僕はもったいないと思ったんです。

何故なら、彼はかなりのスイングスピードがあったからです。それなのに、ドライバーの飛距離は200ヤードちょっと。彼のスイングスピードであれば、あと最低でも50ヤードは飛ぶはずです。

そこで、原因を色々と探っていったのですが、グリップを見せてもらった時に最初はグリップではないなと僕は思ったんです。何故なら、彼のグリップはいわゆるスクウェアグリップだったからです。

でも色々と原因を探っていって改善もしていったのですが、完全には直らなかったんです。リバースピボットが。

そこで、僕は彼に少しフックグリップに変えてボールを打ってほしいと頼みました。彼は最初は違和感があったようですが、少ししてそのグリップに慣れました。そこで彼のボールを見ると、スライス系のボールがドローボールに変わっていました。

そして、あれほど苦しんだリバースピボットが何と直っていたんです!

原因はグリップにありました。彼にとってスクウェアグリップはスクウェアではなかったんです。そのグリップでスライスしていたのですから。グリップを直した彼はわずかな期間で飛ばし屋になりました。

もともとスイングスピードはあったんです。ドライバーの飛距離は予想通り、50ヤード以上も伸びていました。彼は「もう少しでゴルフを諦めるところでした。」と話してくれました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。