ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

トップの原因と直し方

ゴルフボールの上の部分を打ってしまい、ボールが高く上がらない、地面を転がってしまうショットはトップと呼ばれます。

トップの原因には様々なタイプがありますが、今回はその代表的な事例のひとつを取り上げてみたいと思います。

3つの理由

今回ご紹介させていただくのはゴルフ初心者の方で、トップが頻繁に出ることに悩んでいました。

彼女は僕の友人で、一度スイングを見て欲しいと言われたので、見させてもらうことになりました。

多くの方がそうであるように、彼女もスライスに悩んでいました。

そこで、まず彼女の場合は最初にグリップを変えることで、スライスを軽いドローボールにしました。

ところが3回に1回はトップが出てしまいます・・。

トップの原因は何だったのか?実は大きな原因が3つありました、

①ボールを上げようと心の中では思っていた
②アウトサイドから振り下ろしていた
③ヘッドがインパクトよりも前に手を追い越していた

①のボールを上げたいと考えてしまう心理はゴルファー、特に初心者の方に多いのではないでしょうか・・。

トップの原因とすくい打ちではそれについて詳しくご紹介しておりますので、よろしければそちらも参考にしていただければ幸いです。

中級者の方でも、フェアウェイウッドやユーティリティーなどをフェアウェイから打つ時にボールを高く上げたいと思っている方も多いかも知れません。

高く上げたいと思った時、多くの方がボールをすくい上げようとすると思うんです。

しかし、地面に置いてあるボールを下からすくい上げるのは手前に穴でも掘らない限りできません・・。

クラブヘッドがダウンスイングで降りてきて、最下点に到達します。

その後、つまりクラブヘッドが上昇している時にティーアップされていない(地面から浮いていない)ボールを打とうとするとかなりの確率でトップします。

 

②アウトサイドから振り下ろしていた

トップというのは、一般的には上級者というか、それなりにゴルフをしてきた方によくあるミスとも言われていて、インサイドから振り過ぎていることがトップの原因になることがよくあります。

しかし、彼女のようにその逆のパターンもあります。今回はそれについて解説してゆきたいと思います。

 

③ヘッドがインパクトよりも前に手を追い越していた

例えばドライバーなどで振り遅れに悩んでいる方はヘッドが手を追い越すように振ろうと考えている方が多いようです。

ヘッドが返らないためにスライスしてしまい、それを何とかしようとヘッドを手よりも先に・・・と考えていらっしゃるのだと思います。

だからヘッドが先にゆくように振ってしまう・・・。

しかし、ヘッドを返すこと=ヘッドが手を追い越すことと考えても恐らく上手くいきません。クラブフェースが自然に閉じる=ヘッドが返ることだからです。

フェースがダウンスイングで自然に閉じるようになると、面白いようにダウンスイングにスペースが生まれます。

バックスイングで貯めたパワーを解き放つのに必要な助走ができるようになるのです。

トップの直し方と練習方法

②アウトサイドから振り下ろしていた
③ヘッドがインパクトよりも前に手を追い越していた

これらの問題を解決するのには2つのステップを踏んでゆきます。

その前にグリップやアドレスといった基本が出来ていることが前提になりますのでよろしければゴルフ基礎編も参考になさってください。

グリップがストロンググリップになっていない状態で下記のことをこなしたら、恐らく周りの人がびっくりするようなスライスがでます・・。

 

ステップ①

まず冒頭の彼女にはアウトサイドからのダウンスイングを直すために、インサイドから振るということがどのように感じるのか、体で体験してもらいました。(これがステップ1です)

具体的にはダウンスイングでシャフトが地面と平行になった際に(グリップが腰の高さに来た際に)シャフトが指す方向がターゲットよりも右を向くようにしてもらいました。

実際はターゲットとボールを結ぶラインとシャフトがこの位置で平行になることが理想ではありますが、大袈裟にインサイドから振ってもらいました。

この方はスライスをドローボールに変えていたので問題ありませんが、スライスに悩んでいる方はこのシャフトがダウンスイングで地面と平行になったポジションでフェースがやや地面を向いているよう意識してみるとよいと思います。

こういった練習を重ねることでインサイドから振るということがどういった感覚なのかを体で覚えてもらいました。

 

ステップ②

2つ目のステップでは実際にゴルフボールを打ってゆきます。
アイアンは7番、又は6番アイアンを使います。

まずは練習のために少しだけティーアップしたボールを打ちます。その際、今まですくい打ちをしていたのをやめるために全く逆のことをします。

逆といっても上からボールを叩きつけるわけではありません。

インパクトで両手(グリップ)の位置がボールよりもかなり前(ゴルフボールよりもターゲット側)になるように打ちます。つまりハンドファーストの形を強調してボールを打つ・・・ということになります。

インパクトでグリップがゴルフボールよりもかなり前になるということはシャフトが大きく左に傾いている状態です。

 

グリップは前、クラブヘッドは後ろ

 

グリップの握り方が正しく出来ていて、ステップ1ができていればやや低めのドローボール、又はフックが出ると思いますし、トップも直ってくると思います。

この打ち方でトップが殆ど出なくなってきたら、ティーアップしないで打ってみます。それでもトップがでなかったら、今度はインパクトでの両手(グリップ)の位置を気にせずに打ってみます。

この練習を繰り返していって、彼女のトップは少しづつ改善してゆきました。

トップには他の原因があることもありますが、それについてはまた次の機会にご紹介させていただきたいと思います。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。