ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ダウンブローの打ち方と2つの方法

前回のダウンブローとは?何故ダウンブローで打つ必要があるの?ではダウンブローがどういうものか、また、何故ダウンブローで打つ必要があるのかについてご紹介させていただきました。

今回はダウンブローの打ち方についてです。

では実際にダウンブローで球を打つにはどうしたらいいのでしょうか?
ダウンブローで球を打つには・・・

1.最下点に達する前にボールを捉える
2.ボールを打った後やや薄めに長くターフを取る

・・・ということをする必要があります。

1つ目のコツは構え方・・・にあります。

構え方、アドレスでのグリップの位置に注意する

最初のポイントはアドレスでの両手、つまりグリップの位置です。

構えた際にグリップがズボンのジッパーの前に来ている方がよくいらっしゃいます。ですが、このように構えると、ダウンブローでは打てません。

その状態で無理にダウンブローで打とうとするとひどいスライスになります。

アドレスでのグリップの位置ってとても大事だと思います。
アドレスの位置よりもインパクトで手が前にくるとフェースは開きやすくなります。

それについてはまたご紹介させていただくとして、グリップの位置にお話を戻します。

グリップ(両手)の位置は構えた際に、左足太ももの内側の前にくるようにしてアイアンを構えてみてください。

このようにすることで、次の打ち方を実践してもフェースが開きにくくなると思います。

インパクトでの手の位置

さて、今度はインパクトでの両手もしくはグリップの位置です。

ボールを最下点よりも手前、ヘッドが下降している途中でボールを打つということは、どういうことかと言うと・・・

・ボールを打った後にヘッドの最下点が来る
・インパクトの際にグリップはボールよりも前に来る

・・・ということになると思います。

今は2番目の「インパクトの際にグリップはボールよりも前に来る」ということに焦点を当ててみたいと思います。

クラブヘッドが最下点に来る時、グリップとクラブヘッドを結んだ線は地面と垂直になっているはず・・・です。

ダウンブローに打つにはその手前で打つ必要がありますから、インパクトの時点ではボールよりも手(グリップ)の方が先に行っている必要があるんです。

手が前、クラブヘッドが後ろ


この状態になるということは、シャフトがインパクトの際にターゲット方向に傾いている・・・ということになります。

ですので、ダウンブローで打つには

・手が前、クラブヘッドが後ろ
・シャフトがインパクトではターゲット方向に傾いている

・・・という点を意識されるとよいと思います。

このように打つとボールは飛びます。

プロのアイアンショットは何故あれだけ飛ぶのか?でご紹介しましたが、このように打つことですくい打ちがなくなり、クラブのロフトがインパクトで増えることもなくなります。

ですから、強烈なボールが打てるようになりますし、ボールは飛びます。

ただし、最初にご紹介させていただきましたが、アドレスでのグリップの位置が間違っているとこの打ち方ではスライスします。

また、ウィークグリップになっている場合も同じです。

その場合、特にスライサーの方はフックグリップを試してみるとよいかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。