ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ダフリの原因はカットスイングにある。すくい打ちについても

ダフリに悩まされている・・・という方も大勢いらっしゃいます。(ダフリとはボールの手前の地面を打ってしまい、飛距離をロスしてしまうショットのことを言います)

ダフリの大きな原因の一つはカットスイングだと思います。カットスイング、つまりアウトサイドインのゴルフスイングのことですが・・・それがダフリの原因になることがよくあります。

でも、このアウトサイドインのゴルフスイングのどこがダフリの原因につながるのでしょうか・・・?

実はダフリとアウトサイドインのスイングには密接な関係があります。

アウトサイドインのスイングは軌道は基本的に鋭角にクラブヘッドがダウンスイングからインパクトにかけて降りてきます。

このようなスイングをされているとどうなるかと言うと、例えば、ゴルファーの正面から見るとヘッドはダウンスイングからフォローにかけてVの字を描きます。

ボールを横から払うゴルフスイングと違いカットスイングはヘッドが鋭角に降りてきますからインパクトゾーンが非常に狭い・・・のです。

インパクトゾーンが狭いということは当然ミスも多くなります。ちょっとインパクトの位置がずれると芯に当たらなかったり、トップしたり、ダフったり。

また、カットスイングはボールに向かって振り下ろすゴルフスイングのため、ダフることが多くなります。

この鋭角なヘッドの入射角度を緩やかにすることでダフリが直ることがよくあります。

スイングのイメージですが、正面から見た際に、クラブヘッドがVの字ではなくU字を描くようにスイングします。

ボールを上から打つというよりも、ボールを横から払い打つようなイメージです。

このようにU字のスイングにすることで、インパクトゾーンが広くなります。

ですから、多少スイングの軌道が狂ってもダフったり、トップしたりはしません。プロが毎回ダフらず、またトップもせずにショットが打てる秘密はこんなところにあったんです。

どうしたらU字のスイングが手に入るか・・・?

U字のスイングにするのが良いということがわかっても、どうしたらよいのかわからない時があります・・。

U字などと言うとわかりにくいかも知れませんが、ただ、簡単に言うと、ボールを上から叩きつけるスイングではなくて、ボールを横から払い打つ形にすれば自然とU字のスイングが手に入ります。

このような形のスイングになると、ダフルことは少なくなってきて、むしろ、ミスが出る時はトップだったりします。

上級者はそういったスイングでボールを打っていますから、ミスが出る時はダフリよりもむしろトップの方が多いと言われています。

また、ボールを横から払い打つようにするためには、スイングの軌道をアウトサイド・インではなくて、インサイド・インに変える必要があります。

これについてはアウトサイドインのスイング軌道の直し方でご紹介しておりますので、よろしければそちらも参考になさってください。

左足下がりのライから打つつもりで

ここまでダフってしまう原因とカットスイングについてご紹介してきました。

ダフリのもう一つの原因として、ボールをすくい上げようとしていることが挙げられます。

ボールを高く上げたいと思った結果、すくい打ちになってしまって、スイングの最下点がボールの手前にきてしまう・・・そんな形でダフってしまうケースも多いです。

そんな時は、アドレスで少々目線を低くして構えてみるのも1つの方法です。

ターゲットとボールを結んだ線上、ボールから数メートル程度のところに目印を見つけます。そして、そこを見ながら、アドレスの構えに入るようにします。

ショットを打つ時は、左足下がりのライから打つような気持ちで、ヘッドを地面に沿って低く出してゆくイメージ、低いライナーを打つような、そんなイメージで打ってみます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。