ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

左足下がりのショットの打ち方

左足上がりのショットの打ち方について、前回はご紹介させていただきました。

今回は左足下がりのショットの打ち方をご紹介したいと思います。

左足下がりのショット、ダウンスロープ、もしくはダウンヒルとも言いますが、このライからのショットが苦手な方もいらっしゃるかも知れません。

左足下がりのショットはミスが出やすいライだと思うんです。
ただ、打ち方にはコツがあるように思います。

どんなショットになりやすいか

まず、このライからのショットはどうしても、ボールの弾道が低くなります。

当たり前ですが・・それに逆らってボールを上げようとしてミスショットになる・・・というケースが多いように思います。

ボールが上がらないから、無理に上げようしてしまって・・・ミスになる。むしろ、低く打とうと思うことがこのライからナイスショットをするコツなのかなと・・思います。

もう1つ、このライからはフックよりもスライスが出やすくなります。

傾斜があるためにダウンスイングで体の回転が速くなり、フェースをターンさせるのが少し遅れやすいためです。

ですから、あえて、フェードを打つのもよい方法かも知れません。

構え方について

次は構え方になります。

コツは斜面に沿って構えるということだと思います

肩や腰が斜面と平行になるようにアドレスします。左足下がりのライからは背骨もいつもより左に傾く形になります。

斜面に立つと、人はどうしても傾斜に逆らおうとすると思うんです。

左足下がりの場合は右足に体重をかけて、真っ直ぐに立とうとしてしまうと思います。ところが、その方法だとダフリが多く出るようになります。

ですので、傾斜に逆らわずに体重は左足に多めにかけるような形にします。こうすることで斜面に沿って構えやすくなります。

ボールの位置ですが、いつも通りか、もしくはボール半個もしくは1個分だけ右に置いても良いかも知れません。

打ち方について

打ち方のコツは繰り返しになりますが、ボールを上げようとせず、むしろ低く打ち出してゆくイメージです。

斜面に沿ってヘッドを低く出してゆくイメージでも良いと思います。

打った後に上体を起こしてボールの行方を追ってしまうとミスになりやすいので、できるだけ上体を起こさないで、ボールを目だけで追うようにしてみると、トップやダフリが少なくなると思います。

それからこういった傾斜から打つ場合はどんなライでもそうですが、スイングスピードは落としてボールを芯で打つことの方に集中した方がナイスショットの確率は上がると思います。

6割から7割程度のスイングスピードでもいいかも知れません。

最初から体重が左足に多くかかっていますから、それほど大きな体重移動はできません。そのため、コンパクトなスイングを心がけるといいと思います。

上級者向けテクニック

これは少々上級者向けのテクニックになりますが、左足下がりのライからダフりにくくなる方法がありますのでご紹介します。

方法は簡単で、このライからフェード、もしくはスライスを打ちます。

1.スタンスをオープンになるように構える(左足を少しだけ後ろに引く)
2.フェースを少しだけ開いて構える(ターゲットに向けてフェースを開いてからグリップする)
3.スタンスのラインに沿ってクラブを振る

こうすることでフェードボールが打てるようになります。

このようにカット気味に打つと、傾斜に沿ってクラブを振りやすくなり、左足下がりのライでもトップやダフリが少なくなることがあります。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。