ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

左足上がりのショットの打ち方

今回は左足上がりのショットの打ち方についてご紹介したいと思います。

左足上がりのショットは左足下がりのショットに比べると、比較的打ちやすいショットではないかなと・・思います。

ただ・・ミスが出やすいライ(ボールが置かれた状態)ですので、少しだけ注意が必要かと思います。

構え方と打ち方のコツ

タイガー・ウッズは以前に左足上がりのショットのコツはスロープ(斜面)に沿って振ることだと答えています。

これがまさに左足上がりのショットの打ち方のコツ・・・ということになると思います。

ただ、斜面に沿って振るには、斜面に沿ってクラブヘッドを振れるように、構えておく必要があると思うんです。

構え方を間違えてしまうと・・・いくら斜面に沿ってクラブを振ろうとしても、それはうまくいかないかも知れません。

人は斜面に逆らって立とうとするものだと思います。

左足上がりであれば、体を左足寄りに傾け、バランスをとろうとするはず・・です。

しかし、ゴルフでこれをやってしまうと、引っ掛けが出やすくなったり、斜面に沿ってクラブを振ることも難しくなってしまいます・・。

斜面に沿ってクラブを振るためには、両肩や腰、両膝が斜面と平行になるようにしてアドレスをとります。

正確には・・・両肩を結んだ線は斜面と平行よりも、若干右肩が下がる形になります。(グリップする際に右手が左手よりも下になる分だけ)

ただ、大まかに斜面と平行に構える・・・と考えてみてもいいかも知れません。

斜面に平行になるように構えたら、後は斜面に沿ってクラブを振ってゆく・・・ということになります。

ボールが高く上がりやすいライですが、あえてボールを低く抑えようとするとミスになりやすいので・・・そのライの通りに・・・と言いましょうか、斜面に沿ってクラブヘッドを出してゆくことで・・・ショットも安定してくると思います。

タイガー・ウッズはこのライ(左足上がり)からはボールをいつもより若干左に置くと語っていたことがありますが、この辺はご自分なりに調整されてみてもいいのかも知れません。

また、このショットの場合、ボールがいつもよりも高く上がる分、1つか2つ、大きめの番手で打つ必要も場合によってはあるかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。