ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

左足下がり(ダウンスロープ)のライからのアプローチショットの打ち方

今回は(グリーン周りの)左足下がりのライからアプローチショットの打ち方についてみてみたいと思います。(左利きの方の場合は右足下がりのライからの打ち方)

基本的な打ち方はアプローチショットの打ち方と構え方の基本とコツと同じなのですが、左足下がりのライからは少しだけ構え方を変えてゆきます。

また、今回の反対、左足上がりのアプローチショットの打ち方については、左足上がり(アップスロープ)のライからのアプローチショットの打ち方にてご紹介しています。

傾斜に逆らって立とうとしないことがコツ

ゴルフ場にゆくとどうしても傾斜があるライからショットを打たなければならないケースが数多くあります。

左足下がりであったり、右足下がりであったりと。

そういったショットの打ち方のコツは打つ前の段階にあると思います。

アドレスの時点でそのショットを打つために必要な調整をしてしまうことで、案外簡単に打てるようになるものです。

では早速、みてゆきたいと思いますが、左足下がり、又は右足下がりのライでもそうなのですが、こういったライで気をつけたいことがあります。

それは傾斜に逆らって立とうとしないこと、です。

人は基本的にまっすぐに立とうとするものだと思います。

例え傾斜がついていても、傾斜に逆らってまっすぐに立とうとします。しかし、ゴルフでそれをやってしまうと・・・うまくいきません・・

左足下がり、右足下がりのライでは傾斜に逆らわず、傾斜に沿って構えることがコツになります。

つまり傾斜と両肩や腰のラインなどを平行にする意識で構えること・・です。

これは短いアプローチショットだけでなく、通常のショットでも同じです。

構え方、打ち方のコツ

左足下がりのアプローチショットの打ち方ですが、一番のコツは先ほどご紹介させていただいた傾斜に逆らって立とうとしない・・・ということになります。

その他の大事なポイントについて少しまとめてみたいと思います。

1)構え方、打ち方は基本的には通常のアプローチショットと同じ(アプローチショットの打ち方と構え方の基本とコツ
2)傾斜に逆らわずに構える。傾斜と両肩や腰のラインなどを平行にする意識で構える
3)ボールの位置はスタンスの真ん中からボール1個から2個程度、右に置く
4)手や腕ではなく、体の回転で打つ
5)フォロースルーではクラブヘッドを傾斜に沿って低く出してゆく

少し詳しくみてみたいと思います。

 

3)ボールの位置はスタンスの真ん中からボール1個から2個程度、右に置く

アプローチショットの打ち方と構え方の基本とコツではボールはスタンスの真ん中からボール1個分程度右にと書かせていただきました。

左足下がりのアプローチショットの場合はそのボールの位置か、またはあとボール半個から1個分程度さらに右に置いてみてもいいかも知れません。

その方がボールをクリーンに打てることもありますので。

 

4)手や腕ではなく、体の回転で打つ

左足下がりのライなど体が安定しないようなライからはどうしても手や腕で打ってしまいたくなります。

特にグリーン周りのような短いアプローチショットの場合は・・・

ただ、このライから手や腕で打とうとすると、トップやダフリの原因になることもあります。

打ち方のポイントとしては、体の回転を意識するということだと思います。アプローチショットは短い(小さい)スイングにはなりますが、それでもその小さいスイングなりに、体を回転させます。

その際、おへそをバックスイングで右に、フォロースルーでは左に・・・と意識してみてもいいかも知れません。

 

5)フォロースルーではクラブヘッドを傾斜に沿って低く出してゆく

左足下がりのアプローチショットのもう一つのコツは傾斜に沿ってクラブヘッドを低く出してゆく・・・ということだと思います。

人は真っ直ぐに立ちたくなるものと・・・冒頭で書かせていただきましたが、体が左に傾いている形で構えてスイングしますから・・・どうしても、起き上がりたくなるものだと思います。

ただ、それをやってしまうと、トップしたり、ダフりが出たりしますので、その気持ちに逆らうようにして・・・ヘッドを低く傾斜に沿って出してゆくことがコツかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。