ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

アプローチショットの打ち方と構え方の基本とコツ

グリーン周りの短いアプローチショットが苦手な方もいらっしゃるかも・・知れません。

でも、どんなにアプローチが苦手という方でもちょっとしたコツさえ知ってしまえば、案外簡単に打てるようになります。

アプローチショットには簡単に打てるコツがあると思うんです。

今回はグリーン周りからの短いアプローチショット(チッピング)を前提として構え方や打ち方をご紹介させていただきたいと思います。

尚、アプローチショットで使うクラブについてはアプローチショットで使うクラブは何番アイアン?でご紹介しておりますので、よろしければそちらも参照ください。

構え方の5つのコツ

アプローチショットの最大の秘訣・・・それは構え方にあると思うんです。

構え方が間違っていると、どのように打とうとしてもうまくいかず、トップやダフリに悩まされます。

大切なのは、簡単に打てるように最初から構えておくこと・・・だと思います。

早速、その構え方についてみてゆきたいと思います。

①スタンスは狭くとる。殆ど揃えるくらいの気持ちでいいです

スタンスを狭くとることでアプローチショットのような小さなスイングがしやすくなります。

スタンスが広いと(次にご紹介しますが)最初から左に体重をかけにくくなりますし、上半身の動きが大きくなることで打点がブレてしまいます。

スタンスを狭くするだけでトップやダフリが改善する方もいると思います。

どの位狭くしたらいいかということですが、殆ど揃えるような気持ちで、具体的には、両足の間にこぶしが1個入る程度でいいと思います。

②体重は左足(左利きの人は右足)に80%位はじめからかけておく

短いアプローチショットでは体重移動をしなくてもボールが打てます。むしろ、スイングが小さい分、体重移動をして打とうとすると、スイングが安定せず、ダフリやトップの原因となります。

そのため、グリーン周りのアプローチショットでは最初から左足に体重をかけておき、スイング中は体重を移動させません。

そうすることで安定したアプローチショットが打てるようになります。

ただ、体重移動はしないというと下半身を動かさないようにされる方がいらっしゃいますが、下半身は動くのが自然で、むしろ固定しようとすると、トップやダフリの原因になることがあります。

③ハンドファーストに構える

グリップがボールよりかなり前に来るイメージです。左のももの前にグリップが来るようなイメージでいいと思います。

インパクトでは両手がアドレスでの位置よりも若干前に出ます。これはプロを対象にした実験でも明らかになっています。

アプローチショットはスイングがとても小さいので、最初からこのインパクトでの両手の位置をアドレスでとっておくことで、ダフリやトップを予防することができます。

④体重移動はしない。(はじめから左に体重をかけておく)

これは②でもご紹介した通りなのですが、アプローチショットでは体重移動をするとダフリやトップの原因になりますので、体重は最初から左足にかけておき、スイング中も体重移動はしません。

⑤ボールはスタンスの真ん中から右にセットする

打とうとしているアプローチショットにもよりますが、ボールの位置はスタンスの真ん中からボール1個分程度右に置くと、最初に地面ではなくて、ボールを捉えやすくなり、ダフリなどを予防することができます。

打ち方の3つのポイント

グリーン周りからのアプローチショットは構え方で結果がほとんど決まると言っても過言ではありません。

ただ、打ち方にもちょっとしたコツがあると思うんです。

1) フォロースルーでヘッドが両手を追い越さないように振る

アドレスでまずハンドファーストに構えます。インパクトではアドレスの時のように手(グリップ)がクラブヘッドよりも前に来るように意識します。

これをフォロースルーでも意識する。

つまりスイングの間は両手が常にヘッドよりも前になっていることを意識すると、安定したアプローチショットが打てるようになってきます。

2)グリップを思い切り短く持つ

ダフリやトップを予防する良い方法があります。

それがグリップを思い切り短く持つということです。

右手がシャフトにギリギリかからない程度まで思い切り短く持ってみてください。

こうすることでクラブをよりコントロールできるようになります。

中にはサンドウェッジのフルスイングと同じような感じでグリップを握っている方もいますが、グリーン周りのアプローチショットではもっとグリップを短く持ってみるとスイングそのものが安定します。

アプローチショットのスイングというのはとても小さい(短い)ものですから、それに合わせてグリップも短く持ってあげるといいと思うんです。

3)肩を振り子のようにして打つ

グリーン周りの短いアプローチショットは手や腕で打つのではなく、どちらかと言うと肩を振り子のようにして打つことがコツです

イメージとしては、両肩とグリップを結ぶ三角形を崩さないで打ちます。
これを実践するのに簡単な練習方法がありますのでご紹介します。

まず、一枚のタオルを用意します。
それを両脇にはさんでください。

その状態でゴルフクラブを持ちます。あとは、このタオルを落とさないようにアプローチショット打ちます。

最初は素振りから始めてみてもよいかも知れません。

タオルを両脇に挟んでアプローチショットを打とうとすると、体の動きと腕、手の動きが一体となったスイングが身に付くと思います。

腕や手だけで打とうとするとタオルが地面に落ちてしまいますので、よい練習になると思います。

是非実践してみてください。

いつもお読みいただいて、本当にありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。