ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

アプローチショットのトップ、ダフリの原因と直し方

グリーン周りのアプローチショットに関してはアプローチショットの打ち方と構え方の基本とコツで打ち方のコツや構え方についてご紹介してきました。

アプローチショットでよくあるミスがトップやダフリです。

普通のアイアンのフルショットではそんなにトップしたりダフったりすることはないのに、アプローチショットになるとトップやダフリに悩まされる方もいらっしゃいますが、何故なのでしょうか・・・?

今回はその原因や直し方、練習方法についてご紹介したいと思います。

原因の多くは構え方にある

アプローチショットのような短いショットでよくあるトップやダフリの原因の多くは打ち方というよりも、構え方にあると思います。

どのように打とうとしても構え方が間違っていると、トップやダフることは多くなると思うんです。

構え方に関しては、アプローチショットの打ち方も参考にしていただければ幸いです。

トップやダフリの原因となっている点は下記のようなものです:

1)背骨の傾きと体重のかけかた

アプローチショットでは体重は最初から最後まで左足にかけておき、体重移動はしないで打ちます。

この時、体を少し左に(ターゲットよりに)傾けることがコツです。

こうすることで、ボールをややダウンブローで打ちやすくなり、トップやダフリを予防できます。

また、この構え方は、ボールをクリーンに打つのにも有効な方法だと思います。

体をターゲット方向に少し傾けると、体重は自然と左足に乗り、背骨も少し左に傾くと思います。

2)グリップの位置とハンドファースト

両手の位置ですが、ハンドファーストになるように構えます。左足太ももの前に両手が来るような形です。

ボールの位置はスタンスの真ん中からボール1個程度右にセットします。

このボールよりも両手が前(ターゲット方向)に来ていることを構えた際に確認してみます。

この両手の位置がズボンのジッパーの前(スタンスの真ん中)に来ていると、トップやダフリの原因になります。

3)ボールをすくい上げようとしている

ボールをすくい上げようとしていることもトップやダフリの原因となります。

ボールを浮かせよう、上げようという意識がそうさせると思いますし、ボールを上げようと思ったらすくい打とうとしてしまうのはある程度本能的なものなのかも知れません。

しかし、ゴルフクラブにはロフトというものがついていて、ボールは地面に置かれています。

ボールが地面に置かれている以上、すくい上げることはできなくて、ボールはロフトが上げてくれます。

だから、ダフったり、トップしたりする方はすくい上げるのではなくて、むしろ、ダウンブローに打っていくように意識すること、ボールを転がそうと思って打ってゆくことでボールをクリーンに捉えることができるようになると思います。

4)グリップは短く持つ

クラブコントロールというのはクラブのシャフトが短いほど有利になります。

アプローチショットのように繊細なショットの場合はグリップを短く握ることでコントロールがアップすることがあります。

グリップは短めに、思い切って右手がギリギリ、シャフトにかからない程度まで短く持ってみてもいいと思います。

5)ピッチングウェッジか9番アイアンを使う

アプローチショットで使うクラブは何番アイアン?でもご紹介したようにアプローチショットはサンドウェッジだけじゃなくて、他の番手を使うと効果的です。

特にトップやダフリに悩んでいる方はサンドウェッジのバウンスがトップやダフリの原因となっていることがありますので、サンドウェッジではなくて、ピッチングウェッジや9番アイアンを使うのがおすすめです。

ダフらない、トップしない打ち方のコツ

これは以前タイガーもアメリカのゴルフ雑誌で紹介していたことですが、アプローチショットの際は、右手首の角度を変えずに振ることでダフリやトップを防いで、毎回正確に打つことができます。

アドレス際、両手の位置に気を付けます。ハンドファーストになっていることを確かめたら、右手首に注目してみてください。

構えた際、右手首にできる角度がありますが、この角度をアドレスからフォロースルーまで変えずに振りぬきます。

この手首の角度が変わってしまうことでダフリやトップが出ますので、そうならないように、右手首の角度を構えた時からフォロースルーまで同じようにキープしたままスイングすることでボールをよりクリーンに打てるようになります。

下半身のブレを抑えるには、重心を落とす

ここまでグリーン周りのアプローチショットでトップやダフらないための方法についてご紹介してきました。

グリーン周りのアプローチショットのように短いショットでダフったり、トップしたりする理由の一つはクラブヘッドの軌道が安定していないから、だと思います。

ヘッドの軌道が不安定になってしまう原因にも色々あります。

例えば、手や腕だけで振ろうとするとどうしてもヘッドの軌道も不安定になります。その場合は手や腕ではなく、体の回転で打つ・・・そんな意識でもいいかも知れません。

アプローチショットは小さなスイングなわけですが、こんな小さなスイングでもしっかりと体を回転させて打とうとすることで、ヘッドの軌道が安定しやすくなります。

もう一つ、ヘッドの軌道を安定させるためにできることがあります。

それが「重心を下げる」ということになります。

重心が下がると下半身がそれだけ安定しますので、スイングも自然と安定するようになります。

重心を下げるためには、(アドレスの前に)膝をほんの少し曲げるようにして2、3回、腰を落とすような動きをしてみてもいいかも知れません。

重心を落とすという感覚がなかなかつかめない場合は、1)まず、背筋を伸ばして真っ直ぐに立ちます。

この時、重心はどの辺にあるでしょうか?
おへそのあたりでしょうか?

どの辺でもいいのですが、何となくこの辺に重心があるかな?という場所があればそれを覚えておいてください。

2)この状態からその場で軽く両足でジャンプします。
3)着地する時には膝を軽く曲げてみてください。

この時、重心は1)の状態よりも下がりましたでしょうか?

軽く何度かジャンプすると重心が下がります。

その時の感覚で・・・構えてみると重心が下がった安定したアドレスになるかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。