ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

アプローチショットのシャンクの原因と直し方

アプローチのシャンクに限ったことではありませんが、シャンクの原因は時に勘違いされることがあるかも知れません。

シャンクは通常、クラブのネック(ホーゼル)にボールが当たってしまうことでボールが右へ飛んでゆくミスショットです。

ただ、右へ飛ぶためにトゥに当たっていると思い込んでしまう方もいらっしゃいますが、そのケースは稀だと思います。

今回はグリーン周りのアプローチショットのシャンクの原因や直し方についてご紹介させていただきたいと思います。通常のショットでのシャンクに関してはシャンクの原因直し方をご覧いただければ幸いです。

何故、手が体から離れてゆくのか・・・?

アプローチショットのシャンクの直接的な原因は、バックスイングからダウンスイング・・・そしてインパクトに(ヘッドが)戻ってきた時にヘッドが何かしらの理由で構えた時の位置よりも、外側に出てしまうこと・・・です。

そして、ネック(ホーゼル)にボールが当たってしまい、右に飛んでゆく・・・。

ということは手(グリップ)が体から離れていっているか、体が前に出て行っているか・・・ということになります。

アプローチショットのような小さなスイングでは体が前に出てゆくこともそうですが、手が体から離れてゆくケースも多いのではないかなと・・・思います。

でも、何故、手が体から離れてゆくのでしょう・・?

それはきっとどうしても・・・離れていってしまうしかなくて、そうなっているのだと思うんです。

僕は、その1つの原因はアドレスにあると思うんです。

アドレスでの両肩の向きとヘッドの出し方

アプローチショットのシャンクの一番大きな原因はアドレスにあると思うんです。

具体的に言うと・・・アドレスで両肩が左を向き過ぎていて、それにも関わらず、ヘッドをターゲット方向に出そうとすると・・・ヘッドはインパクトでアドレスの時よりも外側に出てしまいます・・。

これはきっと、通常のショットでのシャンクの理由とは似ているようで少し異なるのかなと・・・思います。

その理由はアプローチショットは体重移動をしない点、スイングが小さい点にあるのですが・・・通常のショットのシャンクについてはシャンクの原因直し方をご覧いただければ幸いです。

さて、左を向き過ぎている・・・どういうことかというと、通常は、ターゲットとボールを結んだラインに対して、両肩や両足が平行になるように構えます。

それよりも両肩を結んだラインが左を向いている・・・ということです。

両足のラインについては、アプローチショットの場合は、若干オープンスタンスで構えることがありますので、開いていても構いません。

ただ、両肩まで開いている状態で、ヘッドを両肩が開いていない状態と同じような軌道で振ろうとすると・・・ヘッドはアドレスの時に構えた位置よりも、スイングしている間に外側に出ようとします。

両足も両肩も開いて構えるようなショットもあります。バンカーショットのような感じで打つアプローチショットの打ち方というものもあります。

でも、この場合は、両足のライン、つまり、スタンスのラインに沿ってクラブを振ります。だから、いつもよりも左に向かって振り抜く形になります。

ただ、アプローチショットのシャンクの場合は、何かしらの理由があって、両肩は開いているのに、ヘッドをターゲット方向に出そうとした時に、手が体から離れてゆくのだと思います。

両肩が左を向く理由

両肩が必要以上に左を向いてしまう一番の理由はウィークグリップです。

単純に思い切ってフックグリップで握ってしまうだけでアプローチショットのシャンクが直るケースもあります。

ウィークグリップで握ると、両肩のラインというのは開きやすくなります。もっというと、右肩がアドレスで前に出やすくなるといいますか・・。

スイングの軌道というのは両肩のラインに強く影響を受けますので・・・ウィークグリップで握り、両肩を開いて構えると・・・スイングは必然的にアウトサイド・インになります。

だから、ウィークグリップで握っている方はアプローチショットをしようとすると、引っ掛けてしまうことも多いのではないでしょうか。

スイングの軌道が両肩のラインに影響されるので・・・どうしても、アウトサイド・インになりがちだから・・です。

するとボールは左に飛んでゆきます。

左に飛ぶので、真っ直ぐに打つには、もっと右を向いて構えるか、ヘッドをターゲット方向に向かって出すか・・。

思い切り右を向いて、引っ掛けを打つ形なら・・・アプローチショットもシャンクはしないのかも・・知れません。

ただ、ヘッドだけをターゲット方向に向かって、出そうとした際に、手が体から離れてゆくと思うんです。

さて、アプローチショットのシャンクの直し方ですが、ウィークグリップで握っている方は、フックグリップに変えてみることが1つの方法かと思います。

通常のショットではスライスは出ない・・・という方は、アプローチショットで両肩が左を向き過ぎていないかを確認されてみたり、または、思い切ってスタンスを開くのをやめてみる、スクウェアに構えてみるというのも1つの方法かも知れません。

スタンスを開くことはアプローチショットでは悪いことではありませんが、その際は、両肩まで一緒に開かないようにされてみるのもよいと思います。

ボールが出てゆく方向というものを手や腕でコントロールせずに、両肩の向きでコントロールしようとしてみることで、シャンクというものも改善されるのではないかなと、僕は思っています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。