ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

ラフからのアプローチショットの打ち方

グリーン周りのラフからアプローチショットを打つ場面もあります。今回はそういったラフからのアプローチショットの打ち方についてご紹介したいと思います。

グリーン周りのラフからだと2度打ちをしたり、ショートしたり、距離感が全く合わなかったりといった問題が出てくることがあります。

3つの簡単なコツ

1)ヘッドを加速させて打つ

グリーン周りのラフからのアプローチショットの打ち方の1つ目のコツは、ヘッドを加速させて打つということです。

ラフからのアプローチショットの場合、ボールを打つ前にヘッドが芝の抵抗を受けてただでさえ減速しがちです。

そうすると、勿論、ショートしてしまうわけですが、そうならないために、インパクトでヘッドを加速させて打つことを心がけて打つとラフからもしっかりと打つことができます。

2)ダウンブローに打つ

ラフから打つ場合はどうしてもクラブフェースとボールとの間に芝がはさまってしまいます。ボールを打つまでに芝の抵抗を受けるので正確なショットを打つのが難しく、距離感が出せません。

ですから、ラフからのアプローチショットのコツとしましては、ボールとクラブフェースの間にはさまってくる芝をできるだけ少なくすることになると思います。

そのためには、ややダウンブローにボールを打つことです。特別に深いラフでなければ、アプローチショットの打ち方と同じように構えます。

そして、ややダウンブローにボールを打っていきます。左足に最初から体重を多めにかけ、体を左に傾けて構えることでダウンブローに打ちやすくなります。

いつもよりもやや上からヘッドを入れる意識にすることで芝の抵抗を最小限に抑えることができると思います。

3)芝の抵抗を確かめる

3つ目のコツは打つ前に芝の抵抗を確かめるということです。これはプロも実践している方法で、打つ前に素振りをします。素振りをする際にラフにボールがあると思ってクラブを振り、芝からどの程度抵抗を受けるかを感じ取ります。

この時、「音を聴く」というプロもいます。芝にクラブが当たって、抜けてゆく時の音で芝からどの程度抵抗を受けるかを確認するという方法です。

いずれにしても、素振りで芝の抵抗を確かめて打つことで、距離感も合わせやすくなると思います。

さらに深いラフからのアプローチショット

最悪の場合、ボールが深いラフにつかまっているようなケースがあります。

この場合の打ち方ですが、バンカーショットのようにして打つ方法があります。やり方は簡単です。

1.バンカーショットの打ち方のようにして構える
2.クラブフェースを開いてからグリップを握る
3.クラブは短めを持つ
4.ボールの手前を狙ってクラブを振る

まさにバンカーショットのような形でボールは直接打たずにボールの下にクラブヘッドを滑り込ませて、ボールを打つという方法です。

この時に注意点がいくつかあります。

その芝や状態にもよりますが、芝は砂よりも抵抗が強いことが多いのが特徴です。ですから、バンカーショットよりもやや強めに振る必要があります。

また、このショットを打つ場合にはボールが地面から少し浮いている必要があります。ただ、深いラフにボールがある場合はボールが地面にぴったりついていることは稀だと思います。

深いラフの芝はクラブヘッドに絡みつくと申し上げましたが、そのせいで芝に触れてからクラブフェースが閉じてしまうことがあります。

ですから、それを防ぐためにバンカーショットなどよりは強めにグリップする必要があります。また、通常のラフからのアプローチショットと同様にインパクトにかけてヘッドを必ず加速させることがコツです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。