ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

簡単にできる正しいアドレスの姿勢(ポスチャー)の作り方

ゴルフスイングというのは、思っている以上にアドレスでの姿勢(ポスチャー)に影響を受けます。

間違った姿勢(ポスチャー)のまま、ゴルフスイングを何とかしようと思っても、それはきっと、うまくいきません。

アドレスの姿勢というのは、ボールの位置にも影響しますし、グリップの握り方にも大きく関係してきます。

そういう意味でも、正しいアドレスの姿勢ができているというのはよいショットを打つためには必須条件だと思います。

今回は簡単にできる正しいアドレスの姿勢(ポスチャー)の作り方についてご紹介します。では早速ご一緒にやってみましょう。

途中までクラブは必要ありませんが、手の届く範囲に7番アイアンなど、ミドルアイアンを立て掛けておいてください。

1) 背筋を伸ばして真っ直ぐに立ってください。真っ直ぐ前を見るようにします

2) 次に両足を肩幅よりも少し狭い程度に開いてください

3) 前傾姿勢を作ってゆきます。丁寧なお辞儀をするイメージで、上半身を前傾させてゆきます。

この時、重要なポイントが2つあります。1つはお尻を後ろに突き出すようにすること、2つ目は足の付け根から前傾することです。多くの方は腰から曲げようとしますが、これだと正しい形になりませんし、猫背になりやすいです

4) 次に両手を前にぶら~んと垂らしてください

5) 両膝を軽く曲げます。あまり深く曲げず、ほんの少し曲げる程度でOKです

6) 次に前にぶらりと垂らした両腕ですが、その両手の平を「パン!」と体の前で合わせてください。ここからグリップの形を作ってゆきます

7) 次に右手を左手よりも手の平の長さ分、下に下げてください。右肩を左肩よりも少し下に下げるようにするといいと思います。

この時、背骨を若干右に傾けます。右肩を下げると自然と背骨も右に傾くと思います

8) さぁ、次はクラブを握りましょう。クラブは7番アイアンを持って、この状態のままクラブを握ってみます。

クラブを握ったら、体重をつま先→かかと→つま先・・・という風に前後に移して体を揺らしてください。それでバランスの良いところを探します

これで、正しいアドレス姿勢(ポスチャー)の完成です。

グリップの位置は左足太もも内側の前に

↑の7)のところで、右手を下げていって、その後にクラブを握るわけですが、右手を下げてゆく過程で背骨が右に傾くと同時に両手の位置も左へと自然と移動すると思います。

その場所ですが、左足太ももの内側の前にグリップ(両手)が来るように構えてください

これはグリップの握り方でもご紹介したのですが、非常に重要です。これが出来ていないとスライスは直りませんし、飛距離も出ないグリップになります。

猫背について

前傾の深さというのはクラブの長さによって変わってきます。

短いクラブはより前傾を深くしますし、クラブが長くなってくれば前傾も浅くなります。

ただ、どの程度前傾するかに関係なく、ポイントは両足の付け根からお尻を後ろに突き出すようにして前傾する・・・ということです。

一番多いのは、腰から曲げて猫背になっているケース。アドレスの姿勢と猫背でもご紹介しましたが、猫背だとバックスイングが小さくなり、飛距離が出ませんので注意してください。

ただし、年配の方で背中がどうしても曲がってしまう方は無理に曲げなくて結構です。(他の方法で飛距離を出すこともできますので。)

グリップと体の距離に注意する

アドレスの姿勢を作る際に重要なことの1つはグリップと体の距離です。ここが狭くて、飛距離が出ない・・・そういうケースもあります。

この距離が狭いと自由な腕の振りが制限されてしまい、ヘッドスピードが出なくなりますので。

さて、グリップからの距離ですが、グリップエンド(グリップの一番端)から体までこぶし一個程度が最適な距離になると思います。こぶしが入らなかったり、こぶしが3個も4個も入るような場合は、前傾の仕方に問題があるかも知れません。

その場合は、両足の付け根からお尻を後ろに突き出すようにしているか、両腕を自然に下に垂らした状態でグリップしているかをチェックしてみてください。

顎を軽く上げる

顎を下げている方もいますが、こういった方の殆どは猫背になってしまっていると思います。この場合、最初の真っ直ぐに立った状態ですでに猫背だったのかも知れません。

ポイントとしては、↑の姿勢を作る最初の段階で、背筋をすっと伸ばして、視線を真正面に持っていくことです。下を向くと猫背になりますので。

ゴルフスイングでは左肩をバックスイングで顎の下に入れてゆく形になります。ここで、顎が下がっていると、肩を深く回転させることを制限してしまうので、バックスイングが小さくなり、結果的にはスイングスピードも落ちます。

それでは飛ばないスイングになってしまうのです。

このようにアドレスでの姿勢、つまりポスチャーが間違っているために損をしている方も大勢いらっしゃいますので、そうならないようにできるだけ正しい構え方を心がけるようにされるとよいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。