ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

スライスの原因と「猫背」

アドレスでの姿勢、ポスチャーとも言いますが、このポスチャーがスライスの原因となっていることもあります。

今回は特にスライスを打っている方、スライサーによく見るアドレスでの姿勢と「猫背」について書かせていただきたいと思います。

猫背で縦振りだとスライスする

スライサーの方によく見られるのが背中が丸まってしまっているポスチャーです。つまり、猫背になって構えているわけです。

そうすると必然的に前傾姿勢も深くなってきます。必要以上に前傾姿勢を深くすると何が起こるかというと、スイングそのものがアップライトになってきます。

ここで言うアップライトとは、スイングの軌道のことを言っているのですが、要するに縦振りに近くなる・・・ということだとお考えください。

スイングには縦振りや横振りなどがありますが、縦振りはアップライト、横振りはフラットなスイングになります。

スライスの原因になりやすいのは、縦振り、つまりアップライトなスイングになります。

猫背で縦振りだと、殆どの場合、スライスします。

猫背で前傾姿勢が深くなりますと、バックスイングで体重を右足に移していって、トップまで来ると、上半身が浮き上がることが多いと思います。

このバックスイング中に上半身が浮き上がってしまうのは、最初から前傾しすぎていたからかも知れませんし、他に理由があるのかも知れません。

しかし、この浮き上がった時にクラブフェースが開いてしまうのです。これが一番の問題です。

このままクラブを振り下ろすと、フェースが開いているのですから、スライスができます。

浮き上がらなければ、フェースも開き難いわけですが、そうすると今度は体重移動が難しい。何せ、前傾姿勢が深すぎるのですから。

正しいアドレスでの姿勢

この悪循環から抜け出すには、猫背に構えることをやめるということです。

正しいアドレスの姿勢については簡単にできる正しいアドレスの姿勢(ポスチャー)の作り方・構え方で詳しく書かせていただいてますので、そちらも是非参考になさってください。

この猫背の姿勢を直すのは時間がかかるかも知れません。癖になっている方も大勢いらっしゃいます。

でも、それだけ染み付いたものですから、それを手放すことができた時にはそれなりに結果もついてくると思うのです。

また、勿論ですが、スライスの原因というのはアドレスの姿勢だけではありません。グリップスタンスボールの位置といったことも深く関係してきます。

それらについては別ページでご紹介しておりますのでそちらも参考にしていただきたいと思います。

また、スライスに関してはスライスの直し方でも多くご紹介していますから、そちらも参考にしていただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。