ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

アドレスの姿勢とスライスの原因。背骨の傾きと右肩の位置

今回はスライスの8つの原因でご紹介した8つの原因の1つ、「アドレスの姿勢とスライスの原因」についてです。

初回は、スライスの原因とウィークグリップという記事を書かせていただきました。今回のアドレスの姿勢というのも実はグリップと深い関係があるんです。

スライスを引き起こすアドレスの2つの要因

アドレスの姿勢に関してスライスにつながる要因は大きくご紹介すると2つあります。両肩やスタンスの向きなどについては後程ご紹介しますので今回は省かせていただきたいと思います。

 

1)背骨の傾きと右肩の位置

1つ目は背骨の傾きと右肩の位置についてです。スライサーの方を見るとアドレスの姿勢に共通点があることに気づきます。

その1つは背骨の傾きがない・・・ということなんです。正確には殆ど傾いていなくて、背骨がアドレスの状態では地面と殆ど垂直なんです。

もう1つは右肩の位置です。ゴルフでは右手が左手よりもグリップをする際に下になります。ですから、右手が下になる分だけ、右肩も左肩よりも低くなるのが自然です。

そして、右肩を左肩よりも下げると、自然と背骨も若干、右に傾くようになります。

これがゴルフでは自然な姿勢であり、スライスの出にくい姿勢になります。

でも、何故、右肩の位置が高いとダメなのでしょうか?

それは簡単に申し上げると、そのように構えていることで、インパクトでフェースが開くから・・・です。

プロのゴルフスイングの連続写真などをご覧になっていただけるとお分かりいただけると思いますが、インパクトでは例外なく、右肩が左肩よりも下がっています。(右利きの場合)

アマチュアの場合であっても、そうなります。右手が左手よりも下になるようにグリップしている限りそのような形になります。

しかし、アドレスで右肩が下がっていないとどうなるでしょう?

右肩の位置を高くするように構えてみて、その状態でゆっくりと右肩を下げてみてください。恐らく、両手の位置が前に出て(ターゲット方向に出て)、フェースが開いたと思います。

これがいわゆる振り遅れの原因になります。スライサーの方は、長いクラブほど、スライスしませんか?振り遅れを長いクラブは誤魔化すことができないためです。

スライスを打たないためには、また、インパクトでフェースが開いたり、振り遅れたりしないためには、アドレスの段階で右肩を下げて構えておく必要があります。

アドレスの姿勢の作り方に関しては、簡単にできる正しいアドレスの姿勢(ポスチャー)の作り方を参考になさってください。

 

2)猫背

猫背で構えていることもスライスの原因となります。

猫背のままバックスイング中に体重を右足に移そうとすると、上体が起き上がりやすくなります。

この体が伸び上がった際にフェースが開きやすいというのが問題点です。ですから、猫背の方にはスライサーが多いのです。

これについてはアドレスの姿勢と猫背でより詳しくご紹介しておりますので、そちらを参考にしていただければ幸いです。

猫背は基本的には直した方がよいと思います。

ただ、シニアの方など背中が自然と曲がってしまう方は無理に直されない方がよろしいかと思います。

 

3)ボールの見方

これも1)の背骨の傾きと右肩の位置に関係してくることかも知れませんが、アドレスをした際のボールの見方というのも僕はスライスに関係してくると思ってます。

スライサーの方の多くはボールを真上から見下ろすように見ようとされます。

地面に置いてあるボールを見るわけですから・・・それが自然なことでもあると思うんです。

ただ、アドレス時のボールとターゲットの見方でもご紹介しましたが、もし、ゴルフボールが直径1メートルあったら、どうでしょうか。

恐らく、多くの方はボールを真上からは見ようとせず・・・その直径1メートルのボールのどこを打ちたいかを考えて、そのスポット(インパクトでフェースがボールに当たるところ)を見ようとすると思うんです。

このような形でボールを見て構えようとすると、自然と右肩が下がって、背骨も若干右へと傾きやすくなります。

このような形で構えると、ボールを真横から払うようにして打ちやすくなり、ドローボールも打ちやすくなります。

反対にボールを真上から見て構えると、背骨が傾かず、右肩の位置も高くなりやすいです。

そして、そのように構えると、ボールを上から叩きつけるようなスイングになりやすい、つまり、スライスしやすくなると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。