ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイング 「リバースピボットを直す方法」

ゴルファーなら誰もが飛ばしたいと思っています。

だから「力むな!」と言われてもそれは無理な注文なのかも知れません。ただ、「力んでしまう」ことと「力が入るようにスイングすること」は全く違うことだと思うんです。

アマチュアゴルファーの方の多くは自分の持っている力をボールに伝えられていないと思うんです。だから、何かのきっかけで、数十ヤード単位で飛距離が伸びるケースも多くあります。

それが顕著に現れたケースを今回はご紹介したいと思います。

この方は飛ばしたいと思う気持ちが人一倍強かったのですが、それが空回りしていました。ある時、スイングを見て欲しいと言われたので実際に見てみると非常に力を入れて腕を振っていました。

腕を速く振ること自体は悪いことではないと思うんです。ただ、腕を振るスピードの割には飛距離が出ていませんでした。

彼の問題は「リバースピボット」でした。

リバースピボットとはバックスイングで(特にトップ付近で)左足に体重がかかり(右利きの場合)、ダウンスイングでは逆に右に体重が残ることです。つまり、理想的な体重移動の真逆・・・ということになります。

このパターンだと確実に飛距離を失います。

簡単なルールですが、ゴルフスイングではバックスイング中は後ろの足に(右足に)
フォロースルーでは前の足(左足)に体重が動かなければいけません。

そこで簡単な練習をしてもらいました。

それはバックスイングで左足を完全に地面から浮かしてトップまで持ってゆくことでした。

そして、左足は浮かすだけでなくバックスイングを始めると同時に右足よりもさらに右まで動かしてもらいました。

これで大まかな体重移動の感覚をつかんでもらいました。

次にこんなことをしました。

①クラブを持たずにアドレスをとります

②左手を腰に当てます(左利きの方は右手)

③右手にゴルフボールを持ちます

④そのゴルフボールを野球のアンダースローのようにして投げてください

この2つの練習を繰り返した彼は、自然とリバースピボットが直ってゆきました。そして飛距離が飛躍的に伸びたんです。

これと同時にグリップも変えました。彼はややウィークグリップで握っていたのでそれをフックグリップに変えました。グリップに関しては基礎編で詳しくご紹介していますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

正しい体重移動ができているかを確かめる方法

さて、簡単に出来る体重移動のチェック方法がありますのでご紹介したいと思います。やり方はいたって簡単です。

まずいつも通りバックスイングを行います。
次にトップで止めてください。

その状態で体を動かさないで首だけをくるっと回してみます。

 

何が見えますか?

 

正しい体重移動が出来ていれば、真後ろの打席で打っている人が肩越しに見えるはずです。 首をまわしただけでは視界の下の方にしか後ろの人が見えない、又は首を上下させないと肩越しに後ろの人が見えない場合はリバースピボットをしている可能性もあります。

このチェック方法はフィル・ミケルソンの以前のコーチ、リック・スミスが提案した方法(に近い)ですが、僕は効果的な確認方法だと思っています。

もし、トップで右足(右利きの場合)に体重の殆どが乗りやすいゴルフスイングでなければ首を回して後ろを向いた時点ですぐに左足に体重がかかってしまうでしょう。

後ろを振り返ったとき、どちらの足にどの位の割合で体重がかかっていますか?

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。