ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

体重移動と腰の右へのスライド(流れる)

ゴルフスイングでは体重移動が重要です。

体重を上手く使わなければ飛距離を出すことはできないと思います。

それに加えて、体重移動のミスはゴルフスイングをより複雑なものにしてしまうように思うんです・・。

腰が右に流れると何が起きるか?

右利きのゴルファーの場合、バックスイングでは右に体重を移動させます。

この時、右への体重移動を意識し過ぎてしまうあまり、腰を右へとスライドさせてしまっている方が非常に多いように思います。

腰を右へとスライドさせる、つまり腰が右へ流れることで体重が右へと移動している感覚になります。

勿論、実際にそうやってスイングしている時は、腰がスライドしているなんて気づかないわけで・・。

こうして腰を右へスライドしてしまうことでいくつかのことが連鎖反応のようにして起こります。それは:

1.右ひざがバックスイングの過程で伸びる

腰がスライドした場合、右ひざは毎回といっていいほど伸びてしまいます。逆のパターンもありますが、結果は同じです。右ひざについて、右ひざが伸びる原因もる参照。

2.背骨の角度(アングル)が崩れて、地面と垂直に

腰が右に流れる原因はアドレスにある」でご紹介したようにアドレスに原因がある場合もあります。

今回は体重移動を意識するあまり、腰を無意識のうちに右へスライドさせていたと仮定してお話していますが、右ひざが伸びてしまうと、アドレスでせっかく作っていた背骨の角度も崩れてしまいます。

3.上半身を回転させられなくなる

肩を回転させられなくなるといった方がいいでしょうか。腰が右に流れているのに、さらに肩を回転させようとするとバランスが崩れてしまいます。

つまり、腰がスライドすると肩を回せなくなり(上半身をうまく回転させられなくなり)、バックスイングで力をためることができなくなります。

こうなってしまうと、バックスイングで力をためることなく、ダウンスイングに入ることになります。

軸である背骨の角度がスイング中に大きく変わりますから、ショットも安定せず、ダフリやトップもでるでしょう。

さらに、腰が流れた状態からダウンスイングに入ると、スイングの軌道はアウトサイド・インになりやすく、スライスや引っ掛けがでるようになります。(フェースが閉じていれば、引っ掛けフックなど)

では腰をスライドさせないためにはどういったことに気をつければいいのでしょうか?

腰を正しく使うには?

1.腰はスライドさせず回転させる

腰の使い方を間違えてはいけない」でご紹介しましたが、タイガー・ウッズの言う、「腰はスライドさせずに回転させること」を心がけてもいいのかも知れません。

2.アドレスでの背骨の角度

アドレスでの背骨の角度を確認します。

右利きのゴルファーの場合、右手が左手よりも下にくる分だけ右肩がアドレスで下がるのが自然です。

右肩が下がりますから、背骨の角度も若干右へと傾きます。「腰が右に流れる原因はアドレスにある」も参照。

この背骨の角度(若干右へと傾く角度)をアドレスで作ったら、後はその角度を崩さぬよう、右へと回転すれば体重は自然と右足に乗るようになります。

この過程で頭もほんの少しだけ右へと動くと思います。

3.腰の回転を確かめるドリル

腰はスライドさせるのではなく、回転すると書かせていただきました。

これを確認するためのいい練習方法がありますので、ご紹介します。

まず、アイアンを1本用意します。それを地面に置きます。ちょうど、左足のつま先から右足のかかとを結ぶ線上にアイアンがくるようにして置いてください。

この状態でバックスイングをします。ゴルフスイングのトップで腰のラインが地面に置いておいたクラブと同じようになる程度回転していることを確認してください。

今まで腰をスライドさせていた方には腰を回転させることはちょっと違和感があるかも知れません。

しかし、腰を回転させることで(スライドさせないことで)、右足に体重が乗りやすくなり、さらにゴルフスイングの軌道もアウトサイド・インではなく、よりインサイド・インになりやすくなります。

腰をスライドせず回転させる練習方法

最後にちょっとした練習方法もご紹介させていただきたいと思います。

腰が右に流れる原因はアドレスにある」でご紹介したようにアドレスでの背骨の角度を確認したら、今度は腰をスライドさせないで体重移動ができるような練習をしてみるといいと思います。

方法は簡単です。

まず、7番アイアンなどを持ちます。次に両足を殆ど揃えて構えます。(スタンス幅を極端に狭くします)ボールの位置は両足の真ん中でいいと思います。

両足を揃えて打つ練習だと、腰を右へスライドさせることが困難になります。腰はスライドさせるというよりも回転させることを意識してみて下さい。

バックスイングでは体を回転させること。スイングはハーフスイングではじめて、慣れてきたらバックスイングを少しずつ大きくしてゆくといいと思います。

そして、フルスイングでは背中がターゲットを向くようにして体を回転させてみて下さい。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。