ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

アドレスでの左腰の位置、右肩の下げ方、背骨の傾き

アドレスでの右肩の位置と背骨の角度でご紹介したのですが、ゴルフは右手が左手よりも下に来るため、右肩が左肩よりも少し下に下がります。(左利きの方の場合はその逆です)

その際、背骨も右に若干傾くのが自然です。

この背骨の傾き、右肩が左肩よりも下がっていることがとても重要で、これができていないとスライスが出やすくなります。

ただ、これがなかなかできないという方もいらっしゃいます。この場合の原因はもしかしたら、アドレスでの左腰の位置にあるのかも知れません。

左腰の位置について

アドレスの姿勢の作り方については簡単にできる正しいアドレスの姿勢(ポスチャー)の作り方でご紹介した通りです。

背骨を右に傾け、右肩を下げる際に、腰が左に若干移動します。そして、右肩が下がるため、左腰の方が右腰よりも若干位置が高くなるはずです。

さて、左腰の位置についてですが、もう少し具体的にご紹介したいと思います。よかったらご一緒にやってみませんか?

1)まず、クラブは持たずに真っ直ぐに立ちます。両足は肩幅程度に広げてください
2)次に足の付け根から上半身を前傾させます。お尻を突き出すようにすると簡単です
3)膝を少しだけ曲げます
4)両手の力を抜いてだらんとぶら下げてください。そして、両手の平を体の正面でパンと合わせます
5)次に右肩を下げます。右手が左手よりも低くなるようにしてください
6)この時、背骨を右に若干傾けるようにして右肩を下げます
7)背骨を右に傾ける際、腰を少しだけ左にスライドさせてみてください。腰をどの程度左にスライドするかはスタンス幅などにもよりますが、今回はこぶし1個程度左に腰をスライドさせます

この状態でグリップすると、ウィークグリップにはなり難いと思います。

プロのアドレスなどを見る機会があれば、左の腰の位置を見てみてください。腰の位置はアドレスで少しだけ左に寄っているはずです。

それは右肩が左肩よりも正しく下がっている証拠です。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。