ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

インパクトで左ひざが伸びる、左に流れる

「インパクトで左ひざが曲がっていても大丈夫でしょうか?」

最近になってそんな質問をいただきました。確かにタイガー・ウッズなどをテレビで見る限り、インパクトでは左足が綺麗に伸びているような印象を受けます。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

また、この逆でインパクトで左ひざが曲がって左に流れているようなケースもありますが、これはどうなのでしょう?

インパクトで左膝を意識的に伸ばしてはいけない

僕は、インパクトでは左の膝が多少曲がっているのが自然ではないかなと・・・思います。タイガー・ウッズにしても分かり難いかも知れませんが、インパクトでは左ひざが少しながら曲がっています。

逆にインパクトで左ひざを伸ばすような意識を持つことは避けるべきだと思うんです。

何故なら、左ひざがダウンスイングの途中、又はインパクトエリアで真っ直ぐに伸びてしまうことで、クラブヘッドがアウトサイドから降りてきやすくなるからです。いわゆるカットスイングです。

ダウンスイングの途中で意識的に左ひざを伸ばして素振りをしてみると分かりますが、インサイドから振り抜くことが困難になります。

もしインサイドから振り抜こうと思ってもフェースは開きやすくなり、プッシュアウトやスライスがでるかも知れません。

ここまでは意識して左ひざを伸ばそうとしている場合の話です。では、左ひざが意識していないのに伸びてしまう癖のある方はどうでしょうか・・・?

そんな方はスライスに悩まれているかも・・・知れません。詳しくは引っ掛けとスライスの直し方を参照いただければ幸いです。

もし、意識して左ひざを曲げようとしたとしても上手くはいかないと思うんです。
左ひざが伸びてしまう原因は殆どの場合、カットスイングにあるから・・です。

左ひざが曲がって左に流れる

今度は逆にインパクトやダウンスイングで左ひざが必要以上に曲がっていたり、左に流れているケースです。

左ひざが左に流れているということは、スイングの軌道がインサイドアウトになっていることが原因の場合があります。

スイングの軌道がインサイド・インの場合、インパクト後にクラブヘッドは左に抜けていきますから、それと同時に体も左に回転し、左ひざであったり、腰が左に流れることはありません。

ところが、インサイド・アウトに振り過ぎていると、左ひざであったり、腰は左に流れやすくなると思います。この場合はスイングの軌道を修正することで左ひざの問題も解決することがあります。

ただ、その場合は、インパクトでのフェースの向きも同時に修正してゆく必要があります。インサイド・アウトに振っているのは、左に曲げたくない、つまりフックを避けたいから・・・かも知れませんので。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。