ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ダウンスイングで右肩がかぶる原因とは・・?

ダウンスイングで右肩がかぶると(ボールに覆いかぶさるようになると)、スライスや引っ掛けが出やすくなります。

何故なら、ダウンスイングで右肩がかぶるということはゴルフスイングの軌道が外から入ってくるアウト・インになっているから・・・です。

この状態でターゲットにボールを落とすには方法がただ1つ。スライスを打つこと・・です。

3つの原因?

ダウンスイングで右肩がかぶる原因ですが・・・勿論ダウンスイングだけに問題があるわけではないと思うんです。

その原因は大きく分けて3つあると思います。

1.グリップやアドレスに問題がある場合
2.バックスイングに問題がある場合
3.ダウンスイング(特に切り返し)に問題がある場合

1番と2番の場合は右肩をかぶせざるを得ない状況にあるのかも・・知れません。

右肩をかぶせないと余計スライスする・・・そういうケースは本当に多いです。

グリップやアドレスについてはゴルフ基礎編で詳しくご紹介しておりますので、よかったらそちらを参照ください。

ダウンスイングで右肩がかぶる本当の原因、それはダウンスイングでフェースが開いているから・・・だと思うんです。

フェースが開いているために、最初は大きなスライスが出ます。

そうすると、何とかボールが右へゆくのを防ごうとするわけですが、それをダウンスイングで調整しようとした結果、自然と知らぬ間に右肩がかぶってしまう・・・そういうこともあると思います。

本当の原因はダウンスイングでフェースを開かせる何かにあるのですが、それを知らなければ右肩をかぶせる以外にスライスを止める方法はないのかも知れません。

フェースが開いて降りてくる問題を解決する方法はスライスの直し方で沢山ご紹介していますのでよかったら参考にしていただければ幸いです。

右胸を意識したダウンスイングをしてみる

今回はダウンスイングで何かしら解決策を探ってみたいと思います。

右肩がダウンスイングでかぶってしまう・・・打ち急ぐとこうなるケースもあります。

野球選手がボールを十分にひきつけてから打つように、ゴルフにもタイミングがショットに大きな影響を与えます。

この右肩が前に出る癖をダウンスイングで改善するのに1つ方法があります。

バックスイングで体を回転させるわけですが、そのバックスイングのトップでの右胸がどこに向いているのかを確認してみます。ゴルフクラブは持たなくてもいいです。

胸は正面よりも右(ターゲットと逆)を指していると思います。そして背中はターゲットを向いています。この時の胸の向きを変えないようにダウンスイングをしてみます。

胸をターゲットとは逆に向けたままダウンスイングするのです。

勿論実際は逆に向けたままボールを打つことは殆ど出来ませんが、そのイメージが大切です。

この方法をでスイングすることが出来れば、アウトサイドからクラブを振り下ろすこと(右肩がかぶってダウンスイングすること)が非常に困難になります。

でもちょっと待ってください。

右肩がかぶるのは矯正できすが、その原因はフェースが開くことでした。フェースが開いたままで上記の方法でインサイドからダウンスイングしても余計スライスが出てしまいます。

そこで、ダウンスイングでは左手の甲を地面に向けるイメージで振ります。ダウンスイングで左手が腰の高さに来た時には左手の甲が地面を向いているイメージ・・・です。

「右胸をターゲットに向けたまま、左手を意識してフェースを閉じる」

・・・この二つが上手くできて初めて、右肩がかぶる癖を改善できると思います。

右足のくるぶしを地面に向ける

ダウンスイングで右肩がかぶってしまう理由の多くは、グリップやアドレス、もしくはバックスイングに原因があることが多いのかも知れません。

ただ、グリップやアドレスを変えてみても、なかなか右肩がダウンスイングでかぶってしまう、もしくは、必要以上にボール方向に出てしまう癖が直らないこともあるかも知れません。

こんな時にできるもう1つのことが、ダウンスイングの際、右足のくるぶしが地面を向くように意識してみることです。

右のくるぶしを地面に向けるような意識でダウンスイングをすると、右ひざが前(ボールの方向)に出過ぎてしまうのを防ぐことができます。

すると、打ち急ぎ、タメができないの最後でも書かせていただきましたが、ダウンスイングでクラブをインサイドから振るスペースができやすくなると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。