ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイング 「打ち急ぎ、タメができない」

打ち急ぎは誰にでもあるミスですが、大事な場面に限って出てきたりします・・。結果は引っ掛けだったり、フェースが開いていればスライス、閉じていればチーピンなど様々です。

そんなショットを予防するために、石川遼選手が小学校6年生の時に気づいたというあることが効果的かも知れません。

彼が気づいたこと・・・それは、

「クラブを背中に置いておく」

・・・ということでした。

バックスイングからトップに来て、ダウンスイングに入るわけですが、その際にクラブを背中に置いておくイメージで振る。勿論、実際に背中に置いておくことはできませんが、ほんのわずかな時間でもそれを意識するといいかも知れません。

勿論、打ち急ぎの予防にもなりますが、これを実践することでタメもできるようになると思います。

また、ゴルフ場でアイアンショットを打った後にディボット跡ができると思います。

このディボット跡がターゲットよりも左に向いている方。こういった方はアウトサイドインのスイングになっていると思いますが、この場合も背中にクラブを置いておくイメージで振ってみるといいと思います。

その際少しだけフックボールを打つイメージで振ると真っ直ぐにボールが出やすいかも知れません。

勿論、グリップがウィークのまま、クラブを背中に置いてくるイメージで振ると、プッシュアウトやスライスが出やすくなります。その場合は少しだけグリップをストロンググリップに変えてあげることです。

何事もやり過ぎはよくありませんが、打ち急ぎに関してはこの方法は効果があるのではないかと思います。

バックスイングで力をためるには

多くのゴルファーはバックスイングでパワーをためないままに、ダウンスイングを急ぎます。これが野球なら、大きく振りかぶって投げるピッチャーではなく、振りかぶることなく投げてくるピッチャーのようなものでパワーがたまりません。

それだけダウンスイングを急いでしまうのは、きっと「不安」が1つの原因ではないかと僕は思うのです。

しかしながら、誰もが(プロでさえも)バックスイングを十分に行わない前に切り返しをしてしまった・・・ということはあるのではないでしょうか?そしてそこからリズムが狂ってしまったり・・。

そこで打ち急ぎを防止するために効果的な練習方法があります。スイングにタメができない・・・という方にも良い方法です。それは、

バックスイングをしたら、トップでほんの一瞬止まってからダウンスイングをはじめる

というものです。

その止まっている時間はコンマ何秒・・・ほんの一瞬ですが、それがダウンスイングをはじめる合図になります。最初は非常にぎこちない感じがするかも・・知れません。

でもこの練習を続けていると、バックスイングでパワーをためる感覚が分かってくるかも知れません。

少なくとも、何かしらの発見があると思います。

小柄な宮里藍プロが飛ぶワケ

宮里藍プロは身長は155センチと小柄ですが、その体からは信じられないほど飛びます。

もっとも飛ぶと言ってもアメリカのツアーでは飛ぶ方ではないかも知れませんが・・それでも、身長155センチの女性では考えられないほどの飛距離だと思うんです。

宮里藍プロのスイング分析(スローモーションも)

そんな宮里藍プロが飛ぶ理由について、父親でレッスンプロの宮里優さんは、ダウンスイングの「タメとキレ」と答えています。

具体的には・・・

・トップで高く上げた右肘を切り返しの直後に右脇腹に素早く引きつけること
・ダウンスイングで両手が右腰の脇に来た際、手首のコックが解けず、シャフトが立っている

・・・という点を指摘されています。(参考文献:藍のゴルフ)

この右肘を右脇腹に引きつける動きは切り返しのコツとマジック・ムーブとはでもご紹介しましたが、宮里藍プロも同じような動きをしている・・・ということですね。

ダウンスイングで手首のコックをほどくタイミングを遅くする・・・ということを実践するプロも多いようで、それが飛距離につながると考える方も大勢います。

この手首のコックをほどくタイミングを遅くしようと意識する際、フェースが開いているとプッシュアウトスライスが出やすくなるかも・・・・知れません。

「アマチュアは手首のコックをほどくタイミングが早い」・・・と言われますが、それは開いたフェースを何とか閉じようとして、無意識の間にそうなっていることもあるように思うんです。

いずれにしても手首のコックをギリギリまでほどかない・・・というスイングは、フェースを開かないようにダウンスイングからインパクトまで振れることが前提になってくると思います。

背中をターゲットに向けたまま、切り返す

冒頭でご紹介した、石川遼選手の「クラブを背中に置いておく」イメージと似ていますが、バックスイングをしてダウンスイングに入る切り返しの際、背中を意識することで打ち急ぎを予防できたり、タメをつくったりすることができることがあります。

バックスイングでは、背中がターゲットを向くように意識して回転します・・・スイングのトップでは背中がターゲットを向いているわけですが(シニアの方など体が硬い方は無理にそこまで回転する必要はありません)、切り返しでその背中がターゲットを向いたまま・・・ダウンスイングに入るようにしてみます。

それはほんの一瞬、意識するだけ・・・でいいのですが、そうすることで、ダウンスイングでクラブをインサイドから振るスペースができて、インサイド・インで振りやすくなると思います。

ただし、グリップが自分にとってウィークグリップだった場合、インサイドから振ろうとすると余計フェースが開くことがありますので、その場合はグリップも同時に直してゆく必要があるかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。