ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイング 「インパクトの効果的な2つの練習方法」

インパクトではバックスイングでためてきたパワーをボールに伝える必要があります。

ここでパワーを伝えられなければバックスイングでためたパワーが無駄になってしまいます。

このパワーというのはある一定の形でなければ出せない・・・というのがインパクトを考える上でのポイントになると思います。

そのひとつが頭の位置です。

頭の位置がボールより前(ターゲット方向)にあると、インパクトで力を伝えることができません。

自分のスイングの写真やビデオなどがある方は確認されてみてもいいかも知れません。また、ご友人などに見てもらうのもいいと思います。

インパクトの際に、頭がボールよりも後ろに来ていることをビハイド・ザ・ボールと言います。

インパクトの正しい形を体感する練習方法

正しいインパクトの形を体感できる簡単な練習方法がありますのでご紹介します。

まず、ゴルフバックなどを用意します。(ゴルフバッグは床に寝せてください)その寝かせたゴルフバックがボールだと思ってアドレスをとります。

次にそのゴルフバックをゴルフクラブのフェースの部分で押してみます。その際ターゲット方向に押してみてください。

重いゴルフバックをゴルフクラブで押すのには力がいります。

ぐ~と力を入れて押して下さい。

ポイントはゴルフバックを払い打つかのように押すことです。

下に向かって力を入れるのではなくて、バッグをそのまま横に動かすようにして、真横から力をかけます。

この時の頭の位置ですが、バッグを横に動かすには、恐らく頭は後ろになっていた方が力が入ると思うんです。

インパクトバッグを使ったおすすめの練習方法

市販のゴルフ練習器具でインパクトバッグというものも販売されています。

このようなものです。インパクトバッグから探せます。

ただ、販売数が少ないかも・・・知れません。僕も利用していたのですが、とても良いグッズだと思います。

上記のインパクトバッグがボールだと思って、ドスン!とクラブフェースをぶつけます。

単純な練習に見えますが、僕はかなり効果があると思ってます。

どのような形が一番力が入るか、どのようにスイングすれば、一番大きな衝撃をボールに与えることができるか・・・ということも、自分の体で体感することができます。

よく振り抜けと言われます。

インパクトを気にしないで振り抜くことが大切・・・と。でもこの練習ではそれを一旦忘れてみてください。

そしてバックにはあたかも衝撃の度合いを測るメーターがついていると仮定して、できるだけ強い衝撃を与えるように打ちます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。