ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

初心者の方がスイングの基本を学ぶのに適したクラブは何番アイアン?

ゴルフ初心者の方がゴルフスイングの基本を学ぶのに適したクラブは何番アイアンなのか・・・有名なティーチングプロでも様々な意見があるようです。

スイングの基本はミドルアイアンで

僕は個人的に初心者の方が基本を学ぶことを考えたら、ミドルアイアンがいいのではないかなと・・・思います。

日本だと7番アイアンがよいとよく言われますし、アメリカにいくと、6番アイアンがいいという風に言われることが多いかも知れません。

僕はどちらでもいいと思います。

7番アイアンでも6番アイアンでも。

勿論、7番アイアンの方がやさしいわけですから、やさしいクラブからはじめたい・・・という方は7番アイアンでいいと思います。

ただ、今はクラブのロフトが立ってきていて(ストロングロフトになってきていて)、(今の)7番アイアンが、昔の6番アイアンと似たようなロフト角・・・というクラブもあります。

ストロングロフト(のアイアン)とは?利点と欠点も

また、同じように、今の8番アイアンだと、昔の7番アイアンと似たようなロフト角というケースも。

そういうことを考えると、今のクラブでは、7番アイアンか8番アイアンが、スイングを学ぶには適しているのかも知れません。

ですので、お使いのクラブにもよりますが、スイングを学ぶのに適したクラブは、6番、7番、8番アイアンあたりが良いかと思います。

いずれにしても、ミドルアイアンのスイングというのは、基本的にどのクラブにも応用できます。

ショートアイアンやドライバーに持ち替えた時も、ミドルアイアンを振っているような気持ちで振ります、ただ、ボールの位置やスタンス幅、前傾姿勢などアドレスが変わるだけで、スイングはそのアドレスによって自然と変わるものだと思います。

ドライバーだから特別なスイングをする必要というのは、本当はないのかも・・知れません。

やさしいクラブという意味ではミドルアイアンよりもショートアイアンの方がやさしいわけですが・・・僕は例えば、初心者の方がショートアイアンで基本を学ぼうとされることはあまりおすすめできないと・・・思っています。

確かに打ちやすいし、ボールも高く上がってくれます。

ただ、本当に打っているボールがわからない・・・のです。
ショートアイアンでは・・。

どういうことかと言うと、ショートアイアンというのは、ボールが高く上がるかわり、バックスピンもそれなりにかかるクラブです。

そのバックスピンというものがサイドスピンを打ち消してしまって、例えば、打ったボールにスライススピンがかかっていたとしても、大してスライスはしません。

それはサイドスピンをバックスピンが打ち消しているから・・・です。

だから、ショートアイアンだとショットはそれほど曲がりません。ロフト角がないクラブほど、曲がるようになります。

ミドルアイアンは適度なロフト角がありますから、ドライバーほど曲がったりはしませんが、ショートアイアンほど曲がり難いわけでもありません。

だから、自分が打ったボールがスライスなのか、フックなのかということがわかりやすいクラブだと思います。

そういう意味でもミドルアイアンを使って最初は練習してみてもいいと思います。

最初はティーアップして

初心者の方の場合は、芝(マット)の上に置かれたボールを打とうとされるよりも、最初はティーアップしたボールを打った方がいいかも知れません。

僕はそのやり方の方がおすすめです。

ティーアップする際は低めにティーアップします。

ボールがほんのちょっとだけ・・・地面から浮いている程度でしょうか。その位のティーアップでいいと思います。

ボールを打つ時も、みなさん、遠くに飛ばそうとされますが・・・それをやってしまうと、どんどんボールに当たらなくなってゆくものなので・・。

飛ばそうとすることは一旦忘れていただいて・・・ボールをフェースの芯で当てることだけに集中されてみてもいいかも知れません。

ボールをフェースの芯で捉えようとすると、そんなに思い切りスイングしたりしないものだと思います。

むしろ、少しスイングスピードを落とした方が芯で捉えやすかったりします。

芯でボールを打つと、すぐにわかります。
軽いし、何と言っても感触がいいです。

スイングスピードは遅くして、飛ばなくても構いませんので、芯でボールを捉えることだけを繰り返していって、10球打って10球とも遅いスイングで芯に当てることができたら、その時、はじめて少しだけスイングのスピードを上げてみる・・・僕はそのやり方がおすすめです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。