ホーム > はじめてのゴルフ >
はじめてのゴルフ

初心者の方がコースデビューで気を付けたいこと:持ち物編

今回は初心者の方がはじめてコースで回る際に気を付けたいことの持ち物編をご紹介したいと思います。

コースでプレーする際に必要なもの、持って行った方がよいものや、そのほか、あったら便利なグッズなどもご紹介したいと思います。

コースに持って行くものリスト

さて、まず最初にコースに持って行くものリストをまとめてしまいたいと思います。

後程、それぞれを少し詳しくご紹介したいと思います。

必ず持って行くもの

1.ゴルフクラブ
2.ゴルフシューズ
3.ゴルフシューズ用のバッグ
4.ゴルフボール(1ダース程度)
5.ゴルフグローブ(最低2枚)
6.ティー(ドライバー用とアイアン用)
7.グリーンフォーク
8.マーカー

場合によっては/あったら便利

1.ゴルフウェア(ゴルフ場に到着してから着替える場合)
2.帽子
3.タオル
4.レインウェア
5.傘
6.着替え
7.ジャケット(コースのドレスコードを確認の上)
8.サングラス
8.距離計(GPS)
9.ラウンドバッグ、小物入れ

 

さて、ここからはそれぞれを少し詳しくみてゆきたいと思います。

目次

必ず持って行くもの
場合によっては/あったら便利

必ず持って行くもの

1.ゴルフクラブ
2.ゴルフシューズ
3.ゴルフシューズ用のバッグ(ケース)

この辺はわかりやすいかと思います。

前日にゴルフバッグに持って行くクラブを全て入れて、数を数えておくといいかと思います

案外、コースにクラブを1本忘れてきた・・・なんてことも起こりますので、プレーを終えた後に本数を確認するといいです。

特に初心者のうちはフルセットではない場合もあると思うので、本数がその時々で変わることがあるかと思いますので。

ゴルフシューズは必須アイテムです。

スニーカーはNGのコースもありますし、また、普通の靴ではスイング中に足が滑ることもあります。

必ずご用意ください。

ゴルフシューズの選び方 4つの重要なポイントとは

4.ゴルフボール(1ダース程度)

ゴルフボールは少し多めに用意してもいいかも知れません。1ダース(12個)あれば、安心です。

ゴルフボール一覧(ゴルフダイジェストにつながります)

5.ゴルフグローブ(最低2枚)

ゴルフ用のグローブも最低2枚は用意したいところ

古いグローブはプレーする前に買い換えておいてもいいかも知れません。

ただし、グローブが変わるとスイングの感覚が変わってしまうこともあるので、使い慣れている製品がGoodです。

雨の日は3枚ほどあってもいいかも知れません。

ゴルフグローブの選び方、天然皮革と合成皮革の違いも

6.ティー(ドライバー用とアイアン用を)

ティーは少し多め(20本など)にゴルフバッグに入れておくといいかと思います。

ドライバー用とアイアン用でわけている方はどちらも用意します。

7.グリーンフォーク

グリーンフォークはグリーンにボールが落下した時にできる凹み(ピッチマーク)を直すためのグッズ。(ピッチマークは直すのがマナーです)

これも初心者の方であっても必ず用意してください。

8.マーカー

グリーン上でボールをマークするために使うマーカーも必須アイテム。

なければ小銭でも構いませんが、ちょっと目立ってしまうかも知れません。できれば、専用のマーカーを。

帽子につけて、マグネットで簡単に取り外しができるものやグリーンフォークについているものもあります。

下記はグリーンフォークにマグネットで簡単に取り外しできるもの。

他にもいろいろなタイプのマーカーがありますので、楽しく選びたいものです。

マーカー一覧(ゴルフダイジェストにつながります)

 

場合によっては/あったら便利

次は場合によってはあった方がいいもの、あったら便利なものです。

1.帽子

帽子をかぶる方であれば、帽子、バイザーなどを。

ただ、練習場で帽子はかぶらないけど、コースでかぶる・・・というのはあまりおすすめできないかも、知れません。

かぶるのであれば、練習場からかぶって練習しておいた方が同じ感覚でスイングしやすいのでよいかなと、思います。

帽子の売れ筋ランキング(GDO)

2.タオル

コースにも備わっているかとは思いますが、タオルはあると何かと便利です。

3.レインウェア

雨の日や雨が降りそうな時は必須アイテムです。

レインウェアはできれば、ゴルフ用のものがおすすめです。ゴルフ用以外のものだと雨は大丈夫でも、スイングの邪魔になったりするものもあります。

レインウェア・グッズ一覧(ゴルフダイジェスト)

4.傘

傘はゴルフ用のものを一本買って、車に入れておいたり、または、バッグにさしておいてもいいかも知れません。

5.着替え

プレー後に着替える方、ゴルフ場のお風呂、温泉などに入ろうと思っている方は着替えを。

6.ジャケット(コースのドレスコードを確認の上)

はじめてのゴルフ。服装のマナーでもご紹介しましたが、ゴルフ場にはドレスコードというものがありまして、入場時、退場時にジャケットの着用が義務付けられているコースもあります。

プレー前にコースのホームページなどでドレスコードは確認しておくようにします。

7.サングラス

あると便利です。サングラスはゴルフ用かスポーツ用の軽いものがおすすめ。

8.距離計(GPS)

カートに距離計(GPS)がついているコースもありますし、キャディさんも残りの距離を教えてくれるかとは思いますが、自分でも距離計(GPS)を持っておくと便利です。

これは初心者の方はいずれ、でも構わないとは思います。

距離計(GPS)も腕時計タイプなどがあって、便利なものが沢山あります。

距離測定器売れ筋ランキング(ゴルフダイジェスト)

9.ラウンドバッグ、小物入れ

その他、ラウンドバッグ、小物入れ・・・なんかもあったら便利かなと思います。

この辺も何回かプレーしている間に、こんなものがあったいいなというものがわかってくるかと思います。

ラウンドバッグ以外にもラウンド用の小物も色々ありますので、そういったものもチェックしてみてもいいかも知れません。

ラウンド用グッズ一覧へ(ゴルフダイジェスト)

 

さて、ここまでコースデビューの際の持ち物リストについてご紹介してきました。

一番最初にコースで回る時は、ワクワクもするし、大丈夫かな・・と不安にもなるものだと思いますが・・・

ただ、みなさん、そうやってコースデビューをしていますから、大丈夫だと思います。

楽しい一日になりますように。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。