ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

アプローチショットのイップスについて

イップスとは精神的な理由から、震えであったり、硬直を引き起こしたりして、思うようなプレーができなくなることを言います。

イップスについてはイップスを克服するための4つの考え方パターとイップスについてで今までご紹介してきました。

イップスで多いのはパッティングのイップスですが、アプローチのイップスも勿論ですが、あります。

アプローチショットのイップスを克服するためにはやはりまず考え方を変える必要があるのではないかなと僕は思います。

それについてはイップスを克服するための4つの考え方で書かせていただいていますので、よろしければ、そちらも参照ください。

技術的な修正点は・・・?

プロのように高い技術を持った人がなるイップスは技術的なことが問題ではないとは思います。

ただ、アマチュアの中級者の方の場合は、少し技術的に修正を加えることでアプローチショットの苦手意識が薄れてゆくこともあるようです。

1.グリップ

最初に注目するところはグリップです。アプローチのイップスはグリップを思い切り短く握ることで改善されることが多いようです。

グリップは右手の人差し指がシャフトに触れそうになる位、思い切って、短く持ちます。

これは何もイップス克服のためだけでなく、イップスではない方にもこのように短く持つことはおすすめできるのではないかなと思います。

プロでもこのようにして短くグリップする人はいます。僕も、グリップはこのように短く握った方がアプローチは良い結果につながるのではないかなと思います。

短く持てば持つほどに、クラブをコントロールしやすくなりますので、ミート率は高まります。

2.ヘッドを加速させて打つ

グリップを短く持つもう1つの利点は大きなスイングができるようになる・・・という点でもあります。

クラブを短く持つほどに、飛距離は落ちますから、それだけスイングの幅も大きくなってゆきます。

ヘッドをダウンスイングからインパクトにかけて減速すること、それがダフリやトップの大きな原因の1つだと思います。

これを防ぐには、グリップを思い切り短く持つこと、そして、バックスイングよりもフォロースルーが大きくなる意識で振ることだと思います。

必要以上に大きなバックスイングをとってしまうと、ヘッドをどこかで減速しなければオーバーしてしまいます。

だから、ヘッドを加速しなければならない程度のバックスイングにするということも1つのポイントになってくると思います。

寄せなくていい

アプローチショットの苦手意識というのは、やはり心理的な要因が強いものだと思います。

アプローチが苦手な方は、ピンに寄せなければいけない・・・寄せたいという気持ちが強いのではないでしょうか・・・?

その思いがイップスにつながっているのであれば・・・僕は思い切って、「寄せなくていい」と考えてみてはどうかな・・・と思うんです。

アプローチショットはそもそも寄らないものです。

・・・というのも変な言い方ですが(笑)、プロを見ても、必ずグリーン周りからパーセーブしているわけではありません。

アプローチショットは寄せるというより、寄るようになる・・・と言いますか、そういうものなのかも知れません。

だから、「寄せなくていい」わけで、でも、それを繰り返しているうちに「寄るようになる」ものだと思います。

何だかおかしな話になりましたが・・(笑)、アプローチのイップスに苦しまれたら、寄せないことを意識されてみてもいいかも知れません。

「寄せなくていい」・・・そう思いながらラウンドしてみることも1つの方法だと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。