ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パター(パッティング)の距離感の出し方

パターの距離感については、以前にパッティングの距離感に悩むようになったら行う3つの練習方法という記事を書かせていただきましたので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

アマチュアゴルファーが一番苦手にしていることの1つがパッティングで距離感を出すこと・・・ではないでしょうか。

パターには定評があり、PGAツアーでも活躍する今田竜二選手はロングパットのフィーリングについて聞かれて「この位だと思って打っている。」という風に答えたことがありました。

つまり、距離感は教えることはできない、感覚の問題だ・・・ということを言いたかったのかも知れません。

確かにそれは練習によってのみ養われるものなのかも知れません。

でも、距離感をつかむコツのようなものはあるのかも・・知れません。

右手が微妙なタッチを担当する?

トッププロや有名なレッスンプロの中では右手が微妙なタッチやフィーリングを担当している・・・ということを言う人がいます。

確かにボールを目標に向かって投げてください・・・と言われたら、利き手で投げるでしょうし、その方がより目標に近く投げられると思います。

僕自身もやはり右手のフィーリングというものをパッティングでは多用するようにしています。

よくパッティングでは肩を振り子のように動かすと指導されたりします。確かにその方がストロークは安定します。

しかし、肩やその動きそのものに意識を向けてしまうと肝心なフィーリングが抜けてしまうことがあります。

体の中で一番感覚が鋭いというか、フィーリングを出してゆきやすいのはやはり手や指先だと思います。

ですから、肩の動きも大切ではありますが、もっと右手の指先に意識を向けてもいいのかな・・・と思います。特に距離感に関しては。

右手の感覚を生かすには

さて、その右手の感覚・・・ということですが、沢山の方法があります。

1.右手の人差し指を使ったり(私はこの方法が気に入っています。これについては次回ご紹介します)
2.右手首を柔らかく使う
3.右手と左手の感覚を少しだけ開けてパットしてみる
4.右手一本で練習する

・・・などなど。

どれをやるにしても大切なのは、右手を固めてしまわないこと。右手を柔らかく使う・・・ということがポイントだと思います。

特に肩でストロークしようと考えて距離感が出なくなっている方は右手をやわらかく使ってみてもいいのかなと・・思います。

まずは短い距離から練習する

距離感を出す練習というと、ロングパットの練習をひたすらやる・・・ということを思い浮かべてしまいます。

でも、それがうまくいかなかったりします・・。

その場合は、僕はまず、短い距離から合せてゆくのがいいのかなと思っています。

まずは1メートル。この1メートルの距離で距離感をしっかりと合わせます。普通は1メートルというと、カップをオーバーするような強さで打つと思います。

しかし、この練習ではそれをしません。距離を合わせるので、最後の一転がりでカップインするイメージで打ちます。

次は1.5メートル、2メートル・・・とどんどん離れてゆきます。しかし、距離を長くする際は今練習している距離から自信を持って打てるようになってからにします。

これはスタート前の練習でも役に立つと思うんです。

スタート前は1メートルの距離から距離感を合わせてゆきます。そして、少しづつ長くしてゆきます。

これをやるだけで本番での距離感が合うようになってゆくと思います。

距離感については下記の関連ページでも紹介していますのでそちらも参照していただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。