ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パッティング(パター)の距離感が合わない時の5つの練習方法とコツ

パッティングに大切なことの1つはフィーリング(感覚)だと思います。

ただ、何かのきっかけでフィーリングが失われてしまって、距離感が合わなくなってしまうこともあります。

今回はそんな時、パッティングの距離感が合わなくなった時にどんなことをして距離感を取り戻したらいいか?ということについてご紹介したいと思います。

目次

5つのパター練習方法

さて、距離感が合わなくなったと感じた時に効果的な練習がありますので、まずはその練習方法をご紹介したいと思います。

①目を閉じてパッティングする

これは、トッププロでも実践している人もいますが、距離感を養うのにはとても良い方法だと思います。

やり方は簡単で、苦手だなと思う距離まで、またはこの距離からになると距離感が合わなくなるという距離まで(カップから)離れます。

いつものように構えてパットを打ちますが、アドレスをとったら、一度カップを確認します。(カップを見ます)

そしたら、目を閉じて、そして、パットを打ってみてください。

また、目を閉じてパットして、そのパットがショートしたのか、オーバーしたのか、それともちょうどよいスピードだったのか・・・ということを目を開ける前に予想してみるのも良い練習になります。

目を閉じて打ってみることで感覚が研ぎ澄まされて、距離感やフィーリングが戻ってくることもあるかと思います。

特に距離感に悩んでいる方にはおすすめの練習方法だと思います。

②カップを見ながらパットする

2つ目の練習方法ですが、この方法は以前にもご紹介させていただいたことがありましたが、パッティングする際、ボールではなく、カップを見たままパットしてみます。

いつも通りに構えて、パットを打ってゆくのですが、打つ際はボールではなく、カップを見続けてパットを打ってみます。

この方法はパターがどんどん上達する!パター練習方法でも書かせていただきましたが、おすすめの練習の1つです。

③グリップを握る強さを変えて打ってゆく

パットの距離感というのは、グリップの握り方、もっと言うと、グリップを握る強さにも関係してきます。

パットの距離感が合わないという方のグリップを見せてもらうと、グリップを握る指に力が入り過ぎていることが多々あります。

ここで、ちょっとした実験をしてみたいと思います。

まず、紙くず(またはハンカチやタオルなど)を用意します。そして、ゴミ箱(または何か目印になるモノ)から2メートル位離れます。

最初は、紙くずを握る指に思い切り力を入れて、その状態でゴミ箱に紙くずを投げ入れようとしてみます。

何度かトライしてみてください。

次は紙くずを握る指の力を緩めます。

どうやって緩めるかというと、まず思い切り指に力を入れます。その後にふっと力を抜きます。

その状態は恐らく、程よくリラックスできている状態かと思います。

その状態でまた同じように紙くずをゴミ箱に投げ入れようとしてみます。

すると、恐らく、後者の方が距離感が合いやすいのではないかなと、思います。

パットもグリップを握る指に力が入り過ぎていると、距離感が合わなくなってしまうことがあります。

そこで、次のような練習もおすすめです。

まず、距離感が合わないと感じている距離まで離れます。

次に1球目は、思い切りグリップを強く握ってパットを打ってみます。

2球目はこんなに緩く握って大丈夫か?と思うほど緩く握ってパットを打ってみます。

3球目は、まず一旦思い切りグリップを強く握ります。その後、ふっと力を抜きます。その状態でパットを打ってみます。

このような形でグリップを握る強さを変えて打ってみると、自分に合うグリップの強さがわかってくるかと思います。

また、どのような強さで握ると、フィーリングを出しやすいか・・ということもわかってくると思います。

④手でボールをカップに向かって転がしてみる

メジャーチャンピオンのパッティングを指導するなど、パターの名手として知られる人物が、デイブ・ストックトンです。

ストックトン自身、PGAツアーで活躍した選手で、メジャー大会でも2勝しています。

そのデイブ・ストックトンがパッティングの距離感を出すために大切だと語ったことがあります。

それがボールを打つのではなく、『転がす』ことでした。

ストックトンはパットを打つのではなく、転がすということについて、「ボールが可能な限り長くパターフェースに触れているようにパッティングして、フィーリングが出せるようにする」(「無意識のパッティング」 デイブ・ストックトンより)ことが大切だと語っています。

ボールを打つという感覚だとやはり距離感を出すのは難しいのかも知れません。

それよりも転がす意識でパッティングしてみるとよいのかも知れません。

その際におすすめなのが、練習グリーンに行ったらパターを使わず、まず、手でボールをカップに向かって転がしてみることです。

そうやって何度もカップに向かってボールを転がしてゆくうちに、感覚がつかめてきますので、その後ではじめてパターを持ってボールを「転がして」みるのも良い練習になると思います。

⑤はじめてグリーンでパットした時の気持ちで

練習グリーンに行ったら、この距離から入れようとか、この位連続でいれようとか、寄せようとか・・・そういう目標などを一切持たずにただ、パットを打ってみます。

どの位転がるか、どこへ転がるかは心配しません。

ただパットを打ちます。

1つだけ気にしたいのは、「ボールをカップに向かって打つ楽しさ」です。

はじめてグリーンでパットした時の気持ちでパットを楽しむ・・・と言いましょうか。

簡単なことですけど、ゴルフはやっぱり楽しむということが上達への一番の近道なのかなと思います。

パットの距離感が合わなくなっている時は、あれこれと考え過ぎていることが多いかも知れません。

そんな時こそ、原点に戻ってみると言いますか、最初にパットを打った時の楽しさであったり、カップインさせた時の楽しさを思い出してみる必要があるのかも知れません。

距離感が合わない時は短い距離から合わせてゆく

さて、ここまでパットの距離感が合わなくなってしまった時にできる練習方法について書かせていただきました。

パットの距離感が合わなくなってしまった時は、上記でもご紹介させていただいたように、その合わない距離から(ミドルパットやロングパットなどの)練習をするのも一つの方法です。

ただ、もしそれでうまくいかない場合は、あえて、長い距離から練習するのではなく、短い距離、例えば、1メートルのパットから練習してゆくのも良い方法だと思います。

その時の練習方法ですが、まず、カップから1メートル離れます。

この短い距離から、ボールを2つ使ってパットを打ってゆきますが、最初と次のパットでは打ち方を変えてゆきます。

具体的には1球目は、カップにジャストインさせるつもりで打ちます。

次のパットは30センチオーバーさせるつもりで打ちます。

これを繰り返してみます。

意図的にボールが転がるスピードを変えて、打ってみることで、自分の中にある自然な感覚(距離感)というものが戻ってくることがあります。

距離は1メートルという短い距離ですが、そこで自信をつけてから・・・少しづつ距離を伸ばしてゆくと、ミドルパットやロングパットの距離感も次第に合うようになってくることがあります。

石川遼選手のパットの距離感の出し方とは?

石川遼選手というと、豪快なドライバーショット、常に躊躇することなく振り切るゴルフスイングが魅力ですが、彼はパットの名手でもあると思います。

特にパッティングの距離感というか、タッチが素晴らしい。

でも彼はどうやって距離感を出しているのだろうか?と思ったのです。

するとこんなことがわかりました。

彼は「打感」を重要視しているそうなのです

ロングパットを打つ前に素振りをするというゴルファーも多いと思います。

その時に素振りの振り幅を自分の頭にインプットするという選手やゴルファーも多いと思います。

しかし、彼は振り幅に気をとられてしまうと体がこわばってしまい微妙なタッチが損なわれてしまう・・と考えているそうです。

だから、素振りをして振り幅を頭にインプットするよりも、この位の重さで打てばこの位転がる・・という風に打感の方を大切にしているのだとか。

彼が打感を大事にしようと思ったきっかけは、リー・トレビノというメジャー大会で6勝を挙げているゴルファーがパットで素振りをしないで打つところを見たことでした。

トレビのは素振りに時間をかけてしまうと、直感的なフィーリングが失われてしまうと考えていたようです。

さて、石川遼選手の話に戻しますが、彼はパットの際は「ボールの重さと感じながら打つ」ということを大事にしているそうです。それが彼のいう打感につながるのだと思います。

「振り幅よりもボールの重さ」

距離感が合わなくなってきたと思った時は、そんなことを思ってパットしてみてもいいかも知れません。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
感謝。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。