ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パッティングの距離感で悩むようになったら行う3つの練習方法

パッティングに大切なことの1つはフィーリング(感覚)だと思うんです。

フィーリングがなくなってしまうと、機械のようなパッティングしかできなくなってしまう。

でも人は機械にはなれませんから、機械のようなパッティングでは限界が来てしまうと思うんです。

3つのパター練習方法

特に距離感で悩むようになったと感じた時にできる練習が3つあります。

1.目を閉じてパッティングする

これは、タイガー・ウッズもやっている方法です。

目を閉じることで余計なことを気にしなくて済むようになり、感覚が取り戻せます。

目を閉じてパットして、そのパットがショートしたのか、オーバーしたのか、それともちょうどよいスピードだったのか・・・ということを目を開ける前に予想してみるのもいいかも知れません。

2.カップを見ながらパットする

この方法も以前にご紹介したものですが、パッティングする際、ボールではなく、カップを見たままパットしてみます。

距離感が合わなくなった時に僕が一番使っている練習方法で、おすすめだと思います。

パターがどんどん上達する!パター練習方法でも書かせていただいております。

3.はじめてグリーンでパットした時の気持ちで

練習グリーンに行ったら、この距離から入れようとか、この位連続でいれようとか、寄せようとか・・・そういう目標などを一切持たずにただパットを打ってみます。

どの位転がるか、どこへ転がるかは心配しません。ただパットを打つ。

1つだけ気にしたいのは、「ボールをカップに向かって打つ楽しさ」・・・です。

はじめてグリーンでパットした時の気持ちでパットを楽しむ・・・と言いましょうか。

簡単なことですけど・・・ゴルフはゲームなので、やっぱり楽しむということが上達への一番の近道なのかなと・・思います。

パターの名手が考える距離感を出す時に大切なこと

フィル・ミケルソンのパッティングを指導するなど、パターの名手として知られる人物が、デイブ・ストックトンです。

彼自身、PGAツアーで活躍した選手で、メジャー大会でも2勝しています。

そのデイブ・ストックトンがパッティングの距離感を出すために大切だと語ったことがあります。

それが「ボールを打つのではなく、「転がす」こと」でした。

彼はパットを打つのではなく、転がすということについて、「ボールが可能な限り長くパターフェースに触れているようにパッティングして、フィーリングが出せるようにする」(「無意識のパッティング」 デイブ・ストックトンより)ことが大切だと語っています。

ボールを打つという感覚だとやはり距離感を出すのは難しいのかも知れません。それよりも転がす意識でパッティングしてみるとよいのかも知れません。

その際におすすめなのが、練習グリーンに行ったらパターを使わず、まず、手でボールをカップに向かって転がしてみることです。

そうやって何度もカップに向かってボールを転がしてゆくうちに、感覚がつかめてきますので、その後ではじめてパターを持ってボールを「転がして」みるのも良い練習になると思います。

それから、デイブ・ストックトンがすすめる練習方法があります。

まず、いつも通りに構えます。

次に右手をパターのグリップからはなし、その右手で左肩を押さえます。押さえるといっても軽く当てる程度で結構です。

この状態で左手一本でパットを打ってみてください。左肩の高さを一定にして、パターヘッドを地面に対して低く保つようにします。

彼はこの練習は距離感を磨くのに最適だと語っています。

距離感が合わない時は短い距離から合わせてゆく

ここまでパットの距離感について書かせていただいてきましたが、パットの距離感が合わなくなってしまった時はどうしても、その合わない距離から(ミドルパットやロングパットなどの)練習をしたくなったりします。

ただ、もしそれでうまくいかない場合は、あえて、長い距離から練習するのではなく、短い距離、例えば、1メートルのパットから練習してゆくのも僕は良い方法だと思っています。

その時の練習方法ですが、まず、カップから1メートル離れます。

この短い距離から、ボールを2つ使ってパットを打ってゆきますが、最初と次のパットでは打ち方を変えてゆきます。

具体的には1球目は、カップにジャストインさせるつもりで打ちます。

次のパットは30センチオーバーさせるつもりで打ちます。

これを繰り返してみます。

意図的にボールが転がるスピードを変えて、打ってみることで、自分の中にある自然な感覚(距離感)というものが戻ってくることがあります。

距離は1メートルという短い距離ですが、そこで自信をつけてから・・・少しづつ距離を伸ばしてゆくと、ミドルパットやロングパットの距離感も次第に合うようになってくることがあります。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。