ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パター(パット)のラインの読み方

パター(パット)のラインの読み方について今回はご紹介させていただきたいと思います。

パットのラインをどのように読むかによってパットも入ったり、入らなかったりするわけですが、今回は主に傾斜の読み方であったり、具体的にラインをイメージする方法などについて書いてみたいと思います。

尚、芝目に関してはグリーンの芝目、順目と逆目の5つの読み方という記事を書いておりますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

グリーンの傾斜の読み方

1)低い位置から

グリーンの傾斜やうねり(アンジュレーション)を読む際に効果的なのが、低い場所から読む・・・ということです。

傾斜は高い位置から読むよりも低い位置から読んだ方が簡単で、ラインもよく見えます。

ラインを読む際はボールの後方にしゃがみ、できるだけ低い姿勢になって傾斜を読むのが基本です。

その際、下りのパットの場合は、ボールの後方だけではなくて、カップの向こう側に回り込んで低い位置からラインを読むとラインが見えやすくなります。

2)水が流れる方向に

グリーンを読むコツのひとつに「グリーンに雨がふったらどちらに流れるのかを見る」という方法があります。

水が流れる方向に向かってボールも転がります。ですから、グリーン上の高い位置と低い位置を把握しておくのも良い方法だと思います。

水がどちらに流れるか・・・ということがわかると大まかなグリーンのうねりが見えてくると思います。

「ラインが見える」とは?

パッティングが上手な人はよく「ラインが見える」という表現を使うことがあります。逆にパットが苦手な人はパットのラインが見える・・・という経験がないかも知れません。

ではどうやったら、「ラインが見える」ようになるのでしょうか?

ラインが見える時も、実際にそこにラインがグリーンに描かれているわけではないわけで・・・じゃあ、何故見えるのかというと、ボールがパターフェースから離れて、コロコロと転がってカップに入るところを頭の中で描いたから・・・見えたわけなのだと思います。

パットの名手と呼ばれる人達は、実際に打つ前に・・・一度イメージの中でカップインさせているのだと思います。だから、パットを決めた時はそれは2度目のカップインということになります。

ラインが見える・・・というのは、ラインを頭の中で描くことができた・・・ということと同じことなのかも知れません。

パットが苦手だと、入る気がしないからとてもカップインするところをイメージなんてする気になれなかったりします・・・でもそれは、イメージしていないから・・・入らないのかも知れません。

人はきっと頭の中でイメージできないことを実際に実践することがとても苦手なのだと思うんです。

そう考えると、パットが入りだしてからラインを頭の中で描こうとするより、まず入っても入らなくても、カップインするところを頭の中で描いてみた方がいいのかも知れません。

そうやって実践してゆく中で・・・ラインは「見える」ようになってくるのだと思うんです。

カップインするところを頭の中で描く際、一般的にはパターフェースからボールが離れて・・・カップインする・・・という順番でイメージしてゆきますが、プロの中には(「逆読み法」とも言われたりしますが)反対にカップからボールまでラインを引いてくる・・・というイメージの仕方をする人もいます。

どちらでもいいと思いますが、もし最初の方法でうまくいかなければ、逆読み法を試されてみてもいいかも知れません。

カップ付近でボールは一番よく曲がる

ここまでグリーンの傾斜の読み方についてや「ラインが見える」ということについてご紹介してきました。

グリーンの傾斜のお話に戻りますが・・・

ラインを読む時に重要になってくるポイントの一つが、カップ付近の傾斜です。

自分が立っている場所の傾斜というのは、自分でも感じることができますから・・・注意する方も多いかも知れません。

ただ、カップ付近の傾斜についてはあまり入念にチェックしないという方もいらっしゃるかも知れません。

ところが、パット(ボール)は、打ち出してすぐはボールにスピードもありますが、カップ付近になるとスピードが落ちている状態になります。

ボールが一番傾斜であったり、芝目などの影響を受けるのは、カップ付近のスピードが落ちている時で、パットを打ってすぐのスピードがある時よりも、ボールは曲がりやすくなります。

ですので、傾斜や芝目を読む際は、その点も考慮して、カップ付近に注意する必要もあるかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。