ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

フックライン・スライスラインの読み方と打ち方

フックライン(左に曲がるパット)、スライスライン(右に曲がるパット)はどのようにして読んでいますか・・?

傾斜や芝目、グリーンのスピード、距離・・・さまざまな要素があると思います。

パットのラインを読む時、ボールの後方にしゃがんでラインを読みます。地面に近い方が傾斜などがよく見えるからです。

この時、カップとボールを結んだ線上にしゃがんでラインを読むという人がいます。

しかし、その方法で毎回ラインを読み違えている・・・という方はこんな方法を試されてみても面白いかも知れません。

カップを見るのではなくて、打ち出したいラインを見る

まず、ボールを打ち出したいラインを決めます。フックラインの場合はカップよりも例えば、ボール3つ分右に打ち出そうか・・・と思ったとします。

そうしたら、今度はボールとその打ち出したいポイント(この場合、ボール3つ分カップの右)を結んだラインの後方に少し移動して再度ラインを確認してみます。

そして、実際にアドレスに入りますが、この時もカップを見るのではなく、打ち出したいラインまたはポイントを見るようにします。

カップを見てしまうと、打ち出しもカップの方向になってしまうことがありますので。

アマチュアサイドとプロサイドって何?

大きく曲がるフックラインやスライスラインが苦手だ・・・という方もいらっしゃるかも、知れません。

ゴルフでは「アマチュアサイド」や「プロサイド」といった言葉があります。

アマチュアサイドに外すということはパットの曲がり幅を少なめに読んでしまった結果です。プロサイドに外すというのは、曲がり幅を多めに読んでしまった結果です。

一般的にアマチュアの方はアマチュアサイドに外すことが多いです。つまり、傾斜を少な目に読むことが多い・・・ということになります。

さて、アマチュアサイドに外さないためのコツがあります。

大きく曲がるパットの場合、ボールはカップのどこから入ると考えていますでしょうか・・?カップの真ん中から入る・・・そう考えることって多いかも知れません。

しかし、大きく曲がるパットの場合、ボールはカップの真ん中から入るとは限りません。

例えば、右から左に大きく曲がるフックラインのパットの場合はボールはカップの右側から入ってゆくことが多いです。

反対に左から右へと曲がるスライスラインの場合は、ボールはカップの左側から入ってゆくことが多いです。

この場合(スライスラインの場合)、自分から見ればボールはカップの左側から入ったように見えますが、ボールが転がったラインから見れば、ボールはカップのセンター(真ん中)からカップインしていることになると思います。

このことを考えてパットを打つだけで、フックラインやスライスラインが入りやすくなったりします。

ラインによって変えるパターのボールポジション

フックラインやスライスライン、ストレートライン・・・と色々ありますが、そういったラインによってボールの位置を変えることをすすめるレッスンプロもいます。

プロでも、世界一流のトッププロを育てたゴルフレッスンプロの中にもアマチュアサイドにミスすることを防止するため、ボールポジションを変えてパッティングするようにすすめることがあります。

その時のボールの位置は・・・

フックライン → いつもよりもボール1つ分右に置く
スライスライン → いつもよりもボール1つ分左に置く

このようにボールポジションをラインによって変えることで意図的にラインよりもややプロサイドに打ち出します。

ミスパットをした際に、アマチュアサイドに外しているのか、プロサイドに外しているのか、それを次回のラウンドでスコアカードにホール毎に記録してみても面白いと思います。

「ア」や「プ」などとスコアの下に書き込んでみます。

もしアマチュアサイドが多い傾向にあれば、ボールポジションを変えるだけでカップインの確率が高くなるかも知れません。

このボールの位置をラインによって変えるという方法は好みもあると思いますし、誰にでもすすめられるものではありませんが、一度試してみる価値はありそうです。

フックライン・スライスラインの練習方法

ここまで(パットの)フックライン・スライスラインの打ち方について見てきました。

フックラインにしても、スライスラインにしてもそうですが、カップインするラインというのは一つではありません。

強めに打ってゆくのか、弱めに打つのかで狙うべきラインも変わってきます。

強めに打つなら、ボールの曲がり幅(切れ方)は少なく、反対に弱めに打てばボールはより大きく曲がることになります。

つまり、タッチによってラインも変わってくる・・・ということになります。

ただ、ラインを読む時はタッチまで考えている方は案外少ないかも知れません。

フックライン・スライスラインが苦手・・・という方は、もし、ラインを読む時にタッチについてもイメージすることができたら、フックラインのパットやスライスラインのパットももっと入るようになるかも知れません。

そこで、こんな練習方法があります。

まず、練習グリーンでフックライン、もしくはスライスラインになるような場所を見つけます。カップからは1メートルから2メートルほど離れたところからパットを打ってゆきます。

この時、1)まず、強めのタッチでカップインさせるようにしてみます。

強めのタッチで入るようになってきたら、2)今度は弱めのタッチで打ってゆきます。

強めのタッチと弱めのタッチではラインも変わってくると思います。言い換えると、それだけラインには幅があってもいいことになります。

この練習を繰り返してゆくと、ラインとタッチを一緒にイメージしやすくなってゆくと思いますので、もし、フックライン・スライスラインが苦手という方がいらっしゃいましたら、是非試してみてください。

持ち球とフックライン・スライスライン

フックライン、スライスラインの読み方や打ち方、そして、練習方法などについてここまで見てきました。

フックラインやスライスラインというのは、持ち球によっても、得意、不得意があるかも知れません。

ドローボールを持ち球にしていらっしゃる方は、パットでもフックラインが得意、好きな方が多いかも知れませんし・・・

反対にフェードボールを持ち球にしていらっしゃる方は、パットでもスライスラインが得意な方が多いようです。

レッスンプロによっては、そういうことも考えて、自分の得意なラインが残りやすいピンポジションのホールは積極的にバーディを狙っていくべきだと・・・そう指導される方もいます。

さて、自分の得意なラインはいいのですが、苦手なラインが残った場合はどうしても、上記でご紹介したアマチュアサイドに外してしまう※ことが多いかも知れません。

※アマチュアサイドに外すとは、予想以上にボールが曲がり過ぎてしまうこと。(パットの曲がり幅を少なく読んでしまうこと)

フックラインが得意な方はボールを右に打ち出すのは得意でも、スライスラインで、左にボールを打ち出すのが苦手な方も多いです。

スライスラインが得意な方はその反対の方が多いかも知れません。

そのため、もし、フックラインが得意な方は、スライスラインの時だけ・・・ボールの位置をボール1個分、またはボール半個分ほど・・・いつもよりも左に置いてみるのも一つの方法です。

反対にスライスラインが得意な方は、フックラインの時だけ・・・ボールの位置をボール1個分、またはボール半個分ほど・・・いつもよりも右に置いてみるのも良い方法かも、知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。