ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パターが上手な人の3つの共通点とは?

パターが上手な人の共通点って何でしょうか・・・?

実はあるパターに関する調査がありました。これはPGAツアープロ150人らを対象してして行われたものです。この結果からパターが上手な人の共通点と、そしてパターの名手と言われたゴルファー達の意外な「癖」が見えてきたのです・・。

パターの打ち方に完璧はない

このパターの打ち方調査で分かったこととは何だったのでしょうか・・?

パターが得意な人、上手な人の共通点は:

1.他の人よりも短めのパッティングストローク
2.フェースローテーション(フェースの向きの変化)が少ない
3.ヘッドが(最下点を過ぎて)上昇している時にボールを打っている

・・・といった結果になりました。

ところで、冒頭でご紹介したパターの名手と言われたゴルファーの意外な癖ですが・・・ブラッド・ファクソンというゴルファーをご存知でしょうか?

彼はパターの名手として有名でした。その彼の場合、(およそ4メートル弱のストレートラインで)アドレスの時点で、フェースがカップよりも2度右を向いていたのです。

全体(他のプロ)としては55%がカップに対して正確に構えていなかった・・・という結果になっています。

勿論、プロ達は毎回構え方がばらばらだったわけではありません。ある意味、正確に狙いがずれていた、と言ってもいいのかも知れません。

世界ナンバー1プレーヤーがやっていたこと

世界的にも有名なショートゲームのスペシャリスト、デイブ・ペルツがまだ若かった頃、ジャック・ニクラウスとプレーする機会があったそうです。グリーン上でもペルツはニクラウスに全く歯が立ちませんでした。

それで、デイブ・ペルツは何が違うのか?・・・と思ったのだそうです。

そうしているうちにあることに気づきました。それはニクラウスがパットを打った後、フィニッシュのポジションを保ったまま、ボールが転がってゆくのを目で追っていたことでした。

タイガー・ウッズも同じようにフィニッシュのポジションを保ったまま、ボールを目で追いかけます。

バスケットボールのフリースローが上手な人はフィニッシュのポジションが毎回同じです。そして、そのポジションをボールが入るまで崩しません。

パターも同じように、毎回同じようにフィニッシュすること、そしてそのポジションをボールが止まるまで(入っても、入らなくても)保つことで、パットが安定してくると思うんです。

ただし、ボールを目で追いかける時には注意が必要です。

ボールの行方ばかりが気になって、ボールをしっかり打たずに上体を起こしてボールを見てしまうと・・・ミスの原因になりますので。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。