ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

ロングパット(パター)の距離感が合わない時のパター練習法

パターの練習方法は今までいくつかご紹介してきましたが、今回はまた少し変わった視点でパター練習方法についてご紹介したいと思います。

距離感が合わない人のためのパター練習法

「私は本当に距離感がないんです・・」

そんな風に話される方もいます。

しかし、パッティングの上手下手は別にして、誰でもそれなりの距離感を養うことは可能だと僕は思うんです。

以前にも例に出しましたが、ゴミ箱に紙くずを投げる感覚。

何回か投げてみれば分かりますが、ゴミ箱の近くに投げることはいずれできるようになると思います。

この感覚をパッティングでも取り入れることが出来れば上達すると・・思うんです。

そこで、こんな練習をしてみます:

ナチュラルな距離感を取り戻す

練習グリーンに行ったら、自分が不得意だと思える距離まで離れてください。

その場所からパターは持たずに、ボールをカップのそばまで転がしてください。 手を使って投げます(転がします)。

上手く距離感が合うようになったら、今度はアドレスを取ります。パッティングのアドレスです。

ただ、パターは持たずに構えます。そうしたら、また同じように手でボールを転がしてみます。

カップを見たままで構いません。

ボールは利き手で持ってもいいですし、両手で持っても構いません。

この練習でうまく距離感が合ってきたら今度はカップを見ないで(いつもと同じように)ボールをカップのそばまで転がしてみます。

パターはまだ必要ありません。手で転がしてください。

距離感が合うようになったら、今度はパターを持って、上記と同じことをします。最初はカップを見ながらストロークします。

そして次はカップを見ないでストロークします。

この練習は距離感を養うためにはとても効果的だと思います。

女子最強のゴルファーがパットに目覚めた時

最後に女子最強と言われたアニカ・ソレンスタムがやっていたパッティングの練習についてご紹介します。

彼女があそこまで強くなった理由について彼女はあるシーズンオフから行うようになったパッティングの練習を挙げています。

そこで彼女がやった練習というのは距離感の練習なんです。

パッティングのストロークなどのテクニカルな部分は変えなかった。その代わり、距離感の練習を徹底的に行うようになったそうです。

彼女がやった練習は2つあるのですが、1つ目は右手だけでパットするというもの。1回の練習で、右手だけを使って50球から100球パットをします。

もう1つは、9メートルから24球パットして、すべて90センチ以内に寄せるという練習。1球でも外した場合はやり直しです。

右手だけで100パット・・・なんてどれだけ練習するんだ・・・と僕は最初に思いましたが、距離感というのはやはり練習が基本だということを思い知らされました。

距離感をつかむためには視覚以外の感覚に頼ってみる

ロングパットの距離感について上記でご紹介してきましたが、最後にもう1つ、距離感をつかむための効果的な練習方法をご紹介させていただきたいと思います。

まず、練習グリーンなどでカップから苦手な距離があればその距離まで離れます。または、5メートルのパットからスタートしてもいいかも、知れません。

カップから5メートル離れたら、ボールを3つ用意してカップに向かって打ちます。

いつも通り、カップを見て、そして、パットを打つ・・・わけですが、打った後はボールを目で追わないでください。その代わり、打ち終わった後に、ボール又はカップの方を全く見ずに、

1.パットがショートしたか
2.カップ付近に止まったか
3.オーバーしたか

を推測します。

「ショートした」そう推測したら、ボールを見てください。ショートしていれば正解。オーバーしていたらオーバーしていたで、「あ、この位だとオーバーなんだ・・」と「視覚的」にではなくて、それ以外の「感覚」で距離感を捉えることができるようになります。

距離感が合わない・・・という方にとっては、「視覚」が邪魔をしていることもあるかも知れません。

その時は一度、視覚以外の感覚に頼ってみると、案外ロングパットの苦手意識というのは薄れてゆくのかも知れないと僕は思っています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。