ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

ショートパットの打ち方とコツ

ショートパットの打ち方とカップインさせるコツについて今回はご紹介してゆきたいと思います。

ショートパットといっても何か特別な打ち方があるというわけではないと思うんです。

他のパッティングと同じように打ちますが・・・ただ、いくつかショートパットならではのコツやポイントはあると思います。

1.ボールをカップに導こうとしない

ショートパットをミスする一番の原因は、ボールを入れようとしたことだと・・思うんです。

ボールをカップに導こうとした結果、色々なことが起こったりします。打ってすぐにボールを見てしまう、いわゆるルックアップもその1つで、ショートパットを外す原因にもなると思います。

しかし、だからといって頭をただ上げないようにしただけではパットは入るようにはならないかも・・知れません。

ずっと頭を残すようにして打つことでパットが入る様になる方もいらっしゃいますが、僕は結果的に頭が残るような方法が理想的なのかなと思っています。

大事なのは、入れようとすることではなく、思ったラインに打ち出すこと・・だと思うんです。

グリーンというのは、完璧ではなくて、凹凸もありますから・・・いくら正確に打ったところで、入らない時もあります・・。

そうだとしたら、入れることよりも、思ったところに打ち出すことを目標にした方が自分にとってもストレスが少なくて済みそうですし・・・その方が楽しそうです。

入れようとすると入らなくなる。
パットとはそのようなものだと思うのです。

2.フェースの向きが一番の鍵

これは後程ご紹介したいと思いますが、ある実験が行われています。

その実験はフェースの向きとパターヘッドの軌道(ストロークの軌道)のどちらがボールをカップインさせるのに大切か・・・という調査だったのですが、

結果はどうだったと思われますか?

・・・

結果はパターフェースの向きの方が重要という結果が出たのです。

つまり、多少、ストロークがアウトサイドインになっても、インサイドアウトになっても、インパクトでフェースがスクウェアであれば、つまりインパクトでフェースが打ち出したいラインに対して垂直であれば、ボールは真っ直ぐに転がる・・・ということでした。

誤解を恐れずに申し上げると、ショートパットではインパクトでのフェースの向きがすべて・・・と考えてよいと思います。

それがすべてなので、とにかくインパクトでフェースがカップもしくは打ち出したいラインを向いているかにすべての神経を集中させます。

そうやってインパクトでのフェースの向きに意識を集中させた結果・・・はじめて頭が残る、つまりルックアップしない打ち方になると僕は思うのです。

当サイトではパターの打ち方について様々な記事をご紹介しています。肩を振り子のようにして打つ方法であるとか、色々な方法をご紹介しております。

でも、ショートパットが苦手という方は思い切って、技術的なことは一旦すべて捨ててしまって、ストロークの打ち方であったり、肩の使い方、腕の使い方、体重のかけ方・・・そういうのはすべて捨ててしまって、インパクトでのフェースの向きだけに気持ちを持っていってみてもいいのかも知れません。

パターの天才が語ったパッティングで一番大切なこと

パターの名手として有名な選手がフィル・ミケルソン。彼がパターで一番大事なことについてこんな風に語っています。

It's great to have a nice stroke that follows the right swing path, but if you concentrate only on your path, you're missing an important piece of information. You can have a perfect path, but if the face of the putter isn't square to your target at impact, you won't hit your putts on the intended line. A square face is much more important than a good path.

(パターにおいて)正しいストロークと(パターの)軌道を身につけることは素晴らしいことですが、それだけに固執してしまうと大事なことを忘れてしまいかねません。

いくら完璧なパターの軌道(ストローク)であっても、インパクトでパターフェースがスクウェアでなければ、狙ったラインにのせることは出来ません。フェースをインパクトでスクウェアにすることは軌道(ストローク)よりももっと大切なのです。

Reference:Build confidence in your putter,GolfDigest.com

フィル・ミケルソンは、「アマチュアの多くはストロークばかりに気をとられている」・・・と言うのです。しかし、一番大切なのはパターのフェースだと。

よく雑誌などでもパターのストロークやグリップなどに焦点を当てている記事を目にします。

勿論、それ自体は悪いことが書いてあるわけではないですし、参考になる記事も沢山あります。

しかし、一番大切なことはフィル・ミケルソンが言うようにインパクトでパターフェースがターゲットに向かってスクウェア (ターゲットとボールを結ぶラインに対して垂直)となっていること・・・だと思います。

ある有名なプロゴルファーがこんな風に語っていたことを思い出しました。

Be the Club Face (クラブのフェースになったつもりで打て)

それだけクラブフェースの向きに敏感になるべきだということを言いたかったのだと思います。

特にショートパットではパターフェースの向きが何よりも大切なことだと思います。

3.超ショートパットからはじめてみる

ショートパットが苦手・・・という方がいらっしゃいましたら、「お先に」で打てる距離の超ショートパットの練習からはじめてみるのも僕はよい方法だと思っています。

「お先に」で打てる超短い距離のパット、殆どの方があまり考えずに打っていると思うんです。

でもその時、ショートパットにも大切なヒントがあって・・・それは「お先に」と言って打つ時、躊躇して打っていない・・・という点で。

もっというと、パターヘッドを減速させていない・・・ということだと思うんです。

このパットを外したくないと思うと躊躇して、ヘッドをインパクトで減速させてしまったりすることがあります・・・これをやってしまうとパットはどんどん入らなくなってゆきます・・。

そんな時は目をつぶって打っても入るような超ショートパットを10球打ったら、苦手な距離(のショートパット)まで離れて5球打つ・・・という風に超ショートパット→ショートパット→超ショートパット・・・という形で交互に打ってみるのも1つの方法だと思います。

ショートパットのコツは超ショートパットを打っている時に自分がしていること・・・の中にあると思うんです。

4.グリップを短く持つ

ショートパットのもう1つのコツはグリップを短く持つ・・・ということかも知れません。

ショートパットの時だけ短く持つのも1つの方法かも知れませんし、パットそのものがそれほど得意ではないと感じていらっしゃる方であれば、全部のパットでグリップを短く持ってみることも1つの方法かと思います。

やはり、パターには自分にあった長さ・・・というものがあるように思うんです。

これについてはパターの長さと選び方のコツでお話させていただいたので、ここでは詳しくは書きませんが、自分にあった長さのシャフトを使う、もしくは自分にあった長さになるようにグリップを短く持つことで、パットが突然のように入りだすことも・・・あります。

ショートパットの時だけグリップを短く持ったり、例えば、下りのデリケートなパットだけ短く持つことも1つの方法かも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。