ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

フェアウェイバンカーショットはダウンブローで打つべき?

フェアウェイバンカーからはダウンブローで打つべきでしょうか?

ボールが砂に沈んでいないということを条件にするとどうでしょう・・?

この質問にゴルフの帝王と呼ばれたジャック・ニクラウスはフェアウェイバンカーからのショットは打ち込んだり(ダウンブローに打ったり)してはいけないと答えています。

ジャック・ニクラウスはフェアウェイバンカーの中からでも高さのあるショットを難なく打っていた選手だと思います。

ではどのようにしてショットを打てばいいのか?フェアウェイバンカーからの飛距離ロスをできるだけ抑えるにはどうしたらいいのでしょうか・・?

ダウンブローに打てない理由

これはミドルアイアンからフェアウェイウッドまでのフェアウェイバンカーショットに関してですが、フェアウェイバンカーでは打ち込むな・・・とニクラウスは言っています。つまり、ダウンブローで打ってはいけないと。

その理由・・・それはボールの下が柔らかい砂であるために、フェアウェイで打つようなダウンブローのショットを打っても、砂がインパクトの衝撃をフェアウェイのように跳ね返せず(又は、砂が衝撃を吸収してしまい)、結果的に飛距離を失ってしまうから・・・です。

タイガー・ウッズはこのショットに関してこんなことを言っています。「フェアウェイバンカーショットで飛距離を出すには砂にはできるだけ触れないようにショットを打つことだ」と。

ではどのようなショットが好ましいのか。それはフェアウェイからのロングアイアンやフェアウェイウッド、ユーティリティの打ち方に似ていますが、ボールをダウンブローではなく、払い打つようにすること・・だと思います。

つまり、この図のように上から下に向かって打つのではなく・・・

インパクト前後はクラブが地面と平行になるような軌道(レベルブロー)になります。

タイガー・ウッズはこのショットの場合、ややオープンに構えフェードを打つ・・・と話していますが、そうやっていつもよりも高さのあるショットを打つ方法もあります。

ボールの手前の砂が盛り上がっている場合は?

フェアウェイバンカーからはダウンブローで打ってしまうと、どうしても飛距離が落ちてしまう理由について上記ではご紹介してきました。

ただ、ボールの手前の砂が盛り上がっているような場合はどうしたらいいのでしょう?この場合は少しダウンブロー気味に打った方がいいのでしょうか・・?

ボールの手前の砂が盛り上がっているのですから、横から払い打つようなスイングをしてしまうと、ボールとフェースの間にどうしても砂が入り込んでしまって、飛距離がかなり落ちることになります・・・。

その場合はダウンブロー気味に打つ・・・というのも1つの方法だと思います。

ただ、もう1つ方法があるとすれば、ボールの手前の砂がどれだけ盛り上がっているか・・・にもよりますが、わざとハーフトップ気味に打つというテクニックもあります。

打ち方ですが、若干ダウンブロー気味でハーフトップさせて打ちます。

とても高度なテクニックで難しいとは思いますが、ある程度飛距離を出したい時で、バンカーのあごが低い場合は効果的なショットかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。