ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

フェアウェイバンカーでダフる人のための対策

フェアウェイバンカーはゴルフの中でも難しいショットの1つかも知れません。「フェアウェイバンカーショットの打ち方と5つの基本」でもその打ち方についてご紹介していますので、よろしければ参考になさってください。

さて、それでもダフる・・・という方のために今回はいくつか方法をご紹介したいと思います。

フェアウェイバンカーでは少しでもダフってしまうと、ヘッドが砂の抵抗を受けてショットの飛距離が極端に落ちてしまいます。そのため、フェアウェイバンカーからはできるだけボールをクリーンに打たなければなりません。

そのために構え方を少し変えてあげます。

どのように変えるかというと、右利きの方の場合ですが、左足を右足よりも若干深く砂に埋めて構えます。フェアウェイバンカーは滑らないように両足を砂に埋めて構えますが、その時に左足の方を少しだけ深く埋めて構えるのです。

こうすることでダフり難くなります。ヘッドがいつもよりも少し鋭角に入ってくる感じになることで、フェースが最初にボールに当たりやすくなると思います。

これは緩やかなダウンブローに打つ感じに似ていると思います。

ただ、このやり方はフェアウェイバンカーショットはダウンブローで打つべき?でご紹介したとおり、飛距離ロスにつながります。どうしてもダフリたくない時にはダウンブローで良いとは思いますが、ライ(ボールが置かれた状態)がよければ、できるだけ払い打つ方法の方が飛距離をロスせずに済みます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。